仕事術

目的があいまいな会議はすぐにやめた方がいい。会議の種類と目的、アウトプットについて解説。

「その会議の目的は何ですか?」

Withコロナの世の中では、目的があいまいな会議は今すぐやめるべきでしょう。

今回は「すぐにやめた方がいい会議。会議の種類、目的、アウトプット」について解説したいと思います。

目的があいまいな会議はすぐにやめた方がいい

会議とは「特定の目的のために関係者で話し合い、意思決定をする場所」です。

会議にはかならず目的があります。

目的があいまいですと会議の結果もあいまいになります。

目的があいまいな会議は何も決まらないだけでなく大切なメンバーの時間を奪っていきます

目的があいまいな会議は、すぐに中止するか、理由をつけて欠席した方がよいと思います。

会議の種類と目的とアウトプット

代表的な会議の種類、目的、そのアウトプットをまとめますと次の通りになります。

1.アイデアを出すための会議

ブレインストーミングなどのある課題に対して自由にアイデア出す会議

ブレインストーミング やり方(ブレストが捗るツールの紹介)

こんな方におすすめ ブレインストーミング(ブレスト)って何かを知りたい ブレインストーミングのやり方が知りたい ブレストを楽しく学習したい アイデア出しといえばブレスト ブレストの基本についてまとめた ...

続きを見る

目的は「多くのアイデアを出すこと」です。

アウトプットとしては「出てきたアイデアを整理したリスト」になります。

2.進捗報告のための会議

経営陣にプロジェクトの進捗報告をする会議

目的は「経営陣に現状を把握してもらい、問題があれば指摘してもらうこと」です。

アウトプットとしては「進捗報告に対するコメント」になります。

報告後に経営陣からコメントを貰えない場合は会議としては目的を果たせていません。

必ずコメントを貰うために「何か懸念点、疑問点はございませんか?」と確認してください。

3.課題解決のための会議

仕事を進める上で発生した一人で解決できない課題に対して相談する会議

目的は「課題を解決する方法を教えて貰う」です。

アウトプットとしては「具体的な解決方法」になります。

参加メンバーが適切ではなかった、解決不可能な課題だったなど理由はさまざまですが解決案が一つも出てこなければその会議は失敗です。

4.育成のための会議

新人教育、コーチングなど部下を育成するための会議

目的は「部下の育成」です。

アウトプットとしては「部下の成長」になります。

人の成長は目に見えないので会議の目的が果たせたのか判断が難しいですが、アンケートでもいいので「気付いた点、勉強になった点」を確認してみるのが大切です。

さいごに

今回は「今すぐにやめた方がいい会議。会議の種類、目的、アウトプット」について解説しました。

誰かのお役に立てたら幸いです。

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

あわせて読みたい

実のある会議の極意とは

少し前に会社の先輩に、自分の会議の進め方について、アドバイスをいただきました。(正確には叱咤激励、、) TKくんは、現場の状況や機能の仕様を良く知っているためか、たまに詳細説明に走りがちで会議の目的が ...

続きを見る


プレゼンや会議で「こいつできる」と思わせる賢い方法

・会議の時にリーダの横に座る ・プレゼンで一つ前のスライドに戻るように頼む ・無意味な図形を書く ・「CEOはどう思うか」と言ってみる ・「一旦冷静になりましょう」とみんなに提案する ・「良い質問だ」 ...

続きを見る


参加人数が7人以上の会議は出なくても支障はない

こんな方におすすめ 忙しい社会人の方 会議が多すぎて困っている方 コロナにより働き方は大きく変わりました。 特に会議のスタイルは変化をとげ、オフライン、オンラインを上手く使い分けるようになり、無駄な会 ...

続きを見る

社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を発信してます。ブックマークしてまたお越しいただけたら嬉しいです

[ブックマーク手順]
iPhoneの方:
下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

PCの方:
キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-仕事術
-,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.