仕事術

【ビジネス】挑戦すれば失敗もする。他人の失敗を責めない方がいい理由

2020年5月9日

会社員をしていると、必ず仕事で失敗をします

能力不足であったり、運が悪かったり、理由は様々ですが誰しも失敗をします。

私は失敗した人を責めません。

今回は、その理由について解説したいと思います。

 何もしていない人より失敗した人の方が評価が高い

何かに挑戦すれば、成功することも、そして失敗することもあります。

それは、打席に立っているからこその結果です。

 

その失敗を、何もしていない第三者が評論家気取りで責めたてる時がありますが、打席にも立っていない、試合にも出ていない人には責める権利はないと思います。

他人を責めてしまう人は自己評価が高いが他者評価が低い人にありがちです。

その行為は”俺の方が上だ”と示したいがための一種のマウンティングです。

しかし挑戦者を責める行為は決して高評価にはつながらず、むしろ低評価になると思います。

評価は成功した人が高いのは当たり前ですが、私の場合は、何もしていない人よりは挑戦して失敗した人の方が高い評価をつけます。

評価イメージ:
成功した人>失敗した人>>>>何もしていない人

他人の失敗を責めない方がいい

誰かを責めた言葉は必ず大きなブーメランとなって自分に返ってくるからです。

私の会社にも、失敗した人責める人がいました。

「あんなケアレスミスをなんでするんだ」「自分なら絶対しない」「会社をやめた方がいい」

失敗した本人に直接伝えることはありませんでしたが、周りの同僚に吹聴していました。

そして数カ月後、人を責めていた本人が同じ失敗をしました。

結末は何となく予想はつくかと思いますが、その人は居づらくなって会社から去ることになりました。

他人に投げたはずのブーメランが自分に返ってきた例でした。

SNSや芸能の世界でもよく見る光景ではないでしょうか。

 

もし、絶対に失敗しない人がいるとしたら、ブーメランは気にせず、誰かを責めてもリスクはないかもしれません。

しかし、過去にお会いした優秀なビジネスマンほど、絶対に人を責めることをしませんでした。

さいごに

今回は仕事における失敗について考えました。

誰かのお役に立てたら幸いです。

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

あわせて読みたい

部下を「潰すも成長させるも」上司次第。

プロジェクトマネージャー、係長、課長、部長などの役職において気を付けておきたいことがあります。 それは「部下・メンバーを潰さない」ことです。 部下をよく潰している上司、周りにいませんか? 今回は「部下 ...

続きを見る

部下のモチベーションを上げるポイント

部下のモチベーションを上げたい 新しく部下を持つようになった人に役立つ林健太郎氏の記事を見つけました。 「部下のモチベーションをを上げるためのポイント」 今回はこちらについてまとめていきたいと思います ...

続きを見る

【アドラー心理学】相手を「褒める」のではなく「感謝」を伝えると自ら動き出す。自発的な部下の作り方

自発的に動かない部下 自分のチームの部下が受け身で困っているリーダーの方はいませんか。 部下を自発的に動かすには、アドラー心理学の考え方が応用できるかもしれません。 今回は「自発的な部下の作り方」につ ...

続きを見る

\記事リクエスト募集中/


【お願い】
ワーカホリックダイアリーでは「社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を毎日23時50分に発信しております。

社会人の方はぜひブックマークしていただき明日もお越しいただけたら嬉しいです。

[ブックマーク手順]
iPhone Safariの方:
 下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Android Chromeの方:
 右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

パソコンの方:
 キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-仕事術
-,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.