仕事術

会社員の方は「自分の時給」を計算してみよう。

会社員の時給

会社員の皆さんは「自分の時給」はご存知でしょうか?

2,500円かな?
4,000円くらいあるのかな?

計算してみるとそこまで高くないことに驚きます。

自分の時給の計算方法

次の方法で自分の時給をざっくり計算できます。

自分の時給の計算方法

手取り ÷ [ {(1日の就業時間 × 月の就業日数 )+ 月の残業時間 }× 12ヶ月 ]

例えば、年収600万の会社員の方で、月の残業が80時間の場合、時給の計算は次のようになります。

(諸々の税金の割合はおおよそ25%くらいと想定、手取りは450万としてます。)

手取り450万円 ÷ [ {( 8H × 20日 )+ 月の残業80H }× 12ヶ月 ]= 時給 1,563円

やればやるほど、時給が下がり、時間当たりの価値がさがっていきます。

 

年収400万の会社員の方で、月の残業が0時間の場合、時給の計算は次のようになります。

(手取りは300万としてます。)

手取り300万円 ÷ [ {( 8H × 20日 )+ 月の残業0H }× 12ヶ月 ]= 時給 1,563円

年収では200万の差がありますが、時給はほぼ一緒。

残業をしなければ、時給をあげることができます。

収入と残業時間と時給の早見表

年収400万~800万円、月の残業0~80時間の各パターンで計算した結果を以下の表にまとめました。
※手取りは年収の75%で計算しています。

月の残業0h月の残業20h月の残業40h月の残業80h
年収400万円(手取り300万円)1,563円1,389円1,250円1,042円
年収500万円(手取り375万円)1,953円1,736円1,563円1,302円
年収600万円(手取り450万円)2,344円2,083円1,875円1,563円
年収700万円(手取り525万円)2,734円2,431円2,188円1,823円
年収800万円(手取り600万円)3,125円2,778円2,500円2,083円

 

無駄な残業をしなければ、自分の時間価値をあげることができます。

毎月の残業が特に多い方は、時給を計算してみることをお勧めします。

時給が1,500円を切っている場合、少しだけ仕事の効率について、考えてみても良いかもしれません。

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を発信してます。ブックマークしてまたお越しいただけたら嬉しいです

[ブックマーク手順]
iPhoneの方:
下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

PCの方:
キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-仕事術
-, , ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.