仕事術

ビジネスメールのテクニック「逆接は使わない」

逆接の文章は「ネガティブな印象」になる。
逆接を削った方が「ポジティブな印象」になる。

ビジネスメール

先輩社員に聞いたビジネスメールのノウハウ。

逆接の文章は「ネガティブな印象」になるのから、削った方が良いとアドバイスをもらいました。

具体例を挙げて解説していきたいと思います。

逆接の文章

どのようにネガティブな印象になってしまうのか。

例えば、次のような文章を書いたとします。

自分
先の資料でお伝えしていたと思いますが、Aの開発工数は5日間になります。」

私も意識せずに、逆接を使ってしまうことがあります。

相手は、次のように感じている可能性が高いです。

相手からの印象

「こちら側を責めてきているのかな?」
「怒っているのかな?」

ネガティブな印象になってしまい、ビジネス的には良くありませんね。

逆接を削った文章

では、逆接を削った文章ではどうでしょうか。

自分
「Aの開発工数は5日間になります!」

相手は、次のように感じている可能性が高いです。

相手からの印象

「何かエネルギッシュで頼もしい」
「仕事できそう」

第三者目線でも、上記の方がシンプルで気持ちが良いですね。

ビジネスメールにおいて、逆接の文章は極力削った方が良いと思います。

まとめ

ビジネス、プライベートともに無意識に使ってしまう「逆接の文章」。

ネガティブな印象を与えてしまうことがあるので、
意識的に「逆接を使わない」ようにしてみたら
周りからの印象が変わるかもしれません。

何かの参考になれましたら幸いです。

あわせて読みたい

ビジネスメールの基本まとめ

こんな方におすすめ 社会人1,2年目の方 ビジネスメールの書き方を知りたい方 社会人になると社内外の方とメールのやり取りをすることになります。 どのように書いたら良いか分からない、送信ミスをしたらどう ...

続きを見る

社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を発信してます。ブックマークしてまたお越しいただけたら嬉しいです

[ブックマーク手順]
iPhoneの方:
下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

PCの方:
キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-仕事術
-,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.