仕事術

1on1とは|メリット、デメリット、テーマ、話すこと

こんな方におすすめ

  • 1on1の概要が知りたい会社員の方
  • 1on1のメリット、デメリット、話すことが知りたい管理職の方

 1on1とは

1on1ミーティングの略称で、人材育成につながる会議体の一つです。

海外の有名企業が採用している育成手法の一つで、近年、日本でも使われるようになってきました。

1on1の概要、そしてメリット、デメリットをまとめたいと思います。

1on1の概要

1on1ミーティングの意味・目的をかんたんに説明すると次の通りです。

会社で人材育成のために行われる"上司と部下の1対1の会議体"のこと。
育成や成長につながるだけでなく、悩み相談や課題解決の場としても利用され、離職防止にもつながるといわれています。

さらに詳細を説明します。

 1on1ミーティングの時間

短くて15分、長くて1時間

私が経験してきた1on1はだいたい30分がほとんどでした。

 1on1ミーティングの頻度

頻度高くて毎日、頻度が低くいと1か月に1度

 

育てたい部下との距離感にもよりますが、1週間に1度が適切かなと思います。

 1on1ミーティングで話すこと、テーマの具体例

目的は部下の成長ですので、部下に関連するさまざまなことがテーマになります。

具体例はこちら。

・仕事の進捗状況、問題はないか、手伝えることはないか

・その他、仕事やプライベートの悩み、不安に思っていること

・週末の過ごし方(ハラスメントにならない程度に)

・最近の趣味や楽しいことは何か

・気になる技術やニュース

・体の不調、睡眠が十分とれているか

・仕事で挑戦してみたいこと

・人間関係(話しにくい人いる?話してみたい人いる?)

 1on1のNGテーマ、NGワード

1on1で扱っていけないNGテーマ、NGワードも書いておきます。

・上司の過去の自慢話

・上司の一方的なアドバイス(俺はこうする、なんでできない)

・プライベートすぎる話(彼氏、彼女いる?)

・悩みや問題がないよね?と決めつけ

いずれも、1on1の本質からずれた言動で部下の成長にはつながらないのでNGです。

 1on1のメリット

1on1のメリットは次の通り。

・自分で判断、行動できる人材が育つ

・問題の早期発見、対処ができる

・信頼関係が構築でき離職率が下がる

・モチベーションが維持でき、パフォーマンスが安定する

・上司自身の成長につながる

 1on1のデメリット

1on1のデメリットは次の通り。

・工数がかかる(複数部下がいる方は特に)

・形骸化しやすい(目的を持たずにやると危険)

・話題が探しが大変

・効果が定量的に表せづらい

さいごに

今回は「1on1」を解説しました。

誰かのお役に立てたら幸いです。

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

---- 当サイトのPRをさせてください ----

当サイトは「社会人に役立つ仕事術、生活術、スキルアップ術」を発信しております。また来ていただけたらたいへん嬉しいです。

ぜひブックマークをお願いします。

iPhoneの方:
ブラウザ下部の[↑]ボタン > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
ブラウザ右上の [︙]ボタン > [ホーム画面に追加(アプリをインストール)] もしくは[☆タップ]

PCの方:
ブラウザ 右上の[☆]ボタン、もしくはキーボード[Ctrl]+[D]

またのお越しをお待ちしております。

\面白かったらシェアお願いします/
記事タイトルとURLをコピー

-仕事術
-, ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2022 All Rights Reserved.