仕事術

CSO 役職、実は2種類ある!?それぞれ役割を解説。

CSOとは

最近、特に耳にするようになったCSOという役職

役職の一つである「CSO」はいくつかの種類が存在しています。

そのうち良く使用される2つについて説明していきたいと思います。

Chief Strategy Officer

日本語に訳すと?

最高"戦略"責任者となります。

どんな役職?

CEOとともに経営戦略を練り実行を指揮していく責任者。

CEOの右腕といっても良いかもしれません。

CSOは次期経営トップ候補になる場合が多いそうです。

 

もう一つのCSOは。

Chief Security Officer

日本語に訳すと?

最高"セキュリティ"責任者となります。

どんな役職?

会社のセキュリティを管理・統括する責任者。

ネットワークの内外からの攻撃に備え、対策、運営、監視などを行います。

似たような役職に「CISO:最高情報セキュリティ責任者」や「CPO:最高プライバシー責任者」などもあります。それぞれ、情報セキュリティに特化であったり、個人情報保護に特化であったりします。

以上、CSOについての解説でした。

CEO、COOなど「C何とかO」については下記記事をご参考ください。

関連記事
CEO、COO、CMO、CSO、CTOの意味、どんな役職なのか知ってますか?

最近増えてきたC〇Oについて代表的な役職をまとめたいと思います。 C〇OのことをCスイートと言います。 Cスイート一覧 CEO Chief Executive Officerの略。 最高"経営"責任者 ...

続きを見る

社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を発信してます。ブックマークしてまたお越しいただけたら嬉しいです

[ブックマーク手順]
iPhoneの方:
下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

PCの方:
キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-仕事術
-, , , ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.