スキルアップ

円楽師匠の言葉「ハードルは高すぎたら下をくぐればよい」

復帰後の円楽師匠

落語家の三遊亭円楽師匠が先日、伊集院光さんの朝のラジオに生出演していました。

ガンの手術の1週間後にラジオに生出演とは、さすが円楽師匠です。

その番組で師匠が仰られていた内容が、非常に為になったので備忘禄を残しておきたいと思います。

流されてみよう

ガンの手術を終えた円楽師匠。次のように述べてました。

「今はブレス(呼吸)が途切れ途切れだが、それがまた戻ってくるのか。

(治らず、このままでも)味になる。

流されることによってまた何か生まれる

無駄に流されるのではなくて、受け入れる

その状況を受け入れ、楽しんでいるともう一つの自分が出てくるんじゃないか

頼まれたときには、大丈夫な限りは流されてみるようにしている。」

人生で何か不運や問題に遭遇したとしても、その状況を受け入れ、楽しむことで新しい気付きがあるかもしれないということですね。

ハードルはくぐっても良い

次のように述べてました。

「高すぎるハードルが現れたなら、

下からくぐって先に進めば良い。

いつかハードルを飛べばよい」

ハードルは無理に飛ばなくてもよく、倒してもいいし、くぐってもよい。

無理せず、今の自分にできる範囲で前に進めばよいと思います。

円楽師匠のお話は気付きが多く、面白いです。さすがプロの落語家さんです。

番組内で話していた円楽師匠の落語の解説本はこちら。

引き続き、ワーカホリックダイアリーをよろしくお願いいたします。

社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を発信してます。ブックマークしてまたお越しいただけたら嬉しいです

[ブックマーク手順]
iPhoneの方:
下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

PCの方:
キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-スキルアップ
-, , , ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.