生活術

【ライフハック】読書に集中できないなら読書専用デバイスがおすすめ

読書中に集中できない別のことを考えてしまうなどありませんか?

そんな方におすすめなライフハックをご紹介します。

そもそも読書に集中できない原因は

心身状態などにもよりますが、さまざまな原因で集中ができない場合があります。

特に読書は読んでいるデバイスによって集中力が左右されます。

例えば、紙の本を読んでいる時にうまくページがめくれなかったり汚れていたりするとそれだけで集中力が落ちます。

スマホやタブレットを使って本を読む方も増えてきてますが、これも集中できない原因の一つになっています。

スマホやタブレットは、読書以外のことができる上、LINEやメールなど様々な通知がくるため、集中は続かないのでおすすめできません。

「kindle」などの専用デバイスを使うと読書に集中できる

そこでおすすめな読書に集中する方法は

kindleキンドル)などの専用デバイスを使用すること

です。

紙の本のようにページめくりに集中をそがれることはないし、特化しているデバイスのため通知などで邪魔されないので、読書に集中できます。

防水機能や色調やライトが調整できたりするモデルなどkindle以外にもKindle PaperwhiteKindle Oasisとさまざまなデバイスが出ています。




kindleの製品一覧を確認する

自分に合ったデバイスを見つけてみてはいかがでしょうか?

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

集中力に関する記事をいくつか書いたのでぜひご覧ください。

あわせて読みたい「集中力 関連記事」

集中して「作業できる場所」ランキングを紹介

Google社も取り入れている集中力がアップする「マインドフルネス瞑想」とは

集中力を継続するため仕事の休憩タイミングは25分ごと、休憩時間は5分がおすすめ。

何も手に付かない時の対処法

社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を発信してます。ブックマークしてまたお越しいただけたら嬉しいです

[ブックマーク手順]
iPhoneの方:
下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

PCの方:
キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-生活術
-,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.