投資・副業

「会社員の副業」確定申告は必要かどうかの判断基準。

近年、年功序列、終身雇用は崩壊し、会社は守ってくれない時代に突入しています。

さまざまな企業で副業が解禁されはじめています。

私も副業をはじめ1年以上経過し、会社以外かつ株式投資以外の収入が数万になってきました。

最近は確定申告は必要なのか、気になってきたので「会社員の副業 確定申告は必要かどうかの判断基準」を調べてみたいと思います。

副業していれば確定申告は絶対必要なのか、その判断基準

副業している会社員は確定申告は必ずしなければいけないというわけではありません。

次のようなケースの場合は、確定申告の必要がありません

①赤字の場合

副業は必ず儲けられるわけではなく、赤字になることもあります。

その場合は支払う税金がないので確定申告の必要はありません

※あえて赤字を申請して取られすぎた税金を返却してもらう方法もありますので確認が必要。

②利益が20万円以下の場合

利益が20万円以下の場合も確定申告は必要ありません。

副業の種類が深夜のコンビニバイトなど「給与所得」の場合は天引きで税金を払っているため確定申告は考えなくてよいです。


 

確定申告するしないは利益が20万円以上になるまでは考えなく良いようですね。

さいごに

今回は「会社員の副業 確定申告は必要かどうかの判断基準」をまとめてみました。

誰かのお役に立てたら幸いです。

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

\記事リクエスト募集中/


【お願い】
ワーカホリックダイアリーでは「社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を毎日23時50分に発信しております。

社会人の方はぜひブックマークしていただき明日もお越しいただけたら嬉しいです。

[ブックマーク手順]
iPhone Safariの方:
 下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Android Chromeの方:
 右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

パソコンの方:
 キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-投資・副業
-, ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.