スキルアップ

成功するためにやり抜く力「GRIT」を身に付けよう

2019年8月3日

注目されている能力「GRIT」

最近、ビジネスシーンで良くGRITという言葉を聞くようになりました。

起業家、アスリート、アーティストなど様々な分野の成功者に共通する能力の一つに「GRIT」があると言われています。

今回は、GRITについてまとめたいと思います。

GRITとは

日本語で言いますとGRITは「やり抜く力」となります。

昔からある言葉である「GRIT(やり抜く力)」が、なぜここに来て注目されているのかといいますと、2016年に発売された「GRIT」がきっかけとなっています。

本では「大きな成果を出すには才能よりもやり抜く力が大切」とされています。

やり抜く力の要素は次の2つ

やり抜く力=情熱粘り強さ

才能がある≠GRITがある

才能とGRITとは相関関係はないという研究結果がでているそうです。

高い知能、才能をもっていてもGRIT「やり抜く力」がないと途中で投げ出し大きな成果を残せなく、一方、そこまで才能を持っていなくても「やる抜く力」があるために成功した方が何人もいます。

GRITは後天的に伸ばせる、その方法

トレーニングをすればGRITは伸ばすことができるそうです。

情熱を注げる何かを見つけ打ち込む

GRITには情熱が大切です。

まずは情熱を注げる何かを見つけて、本気で打ち込んでみましょう。

(私の場合、それはこちらのブログになります。)

誰に言われるでもなく、続けることで、GRITの能力をはぐくむことができます。

チャレンジし続け、失敗体験、成功体験を積む

何をやるにも否定的に「無理だ、できない」と決めつける人はいませんか?

「どうしたらできるか?」とチャレンジする前提で考え、なんでも挑戦する心を鍛えましょう。

多くの失敗もするかもしれませんが、それもまた大切な過程となります。

そして成功体験も少しずつ積み上げることができると思います。

環境を変える

環境は人を作り、人を変えてしまいます。

数年もすれば、環境に染まり全く別の考え、人格、表情になってしまいます。

GRITが低い、つまり「情熱」や「粘り強さ」が低い環境だった場合は、GRITが高い環境に移りましょう。

無理に転職などを考える必要はありません。ITの力でGRITの高い環境を見つけることができます。

もともと人間はGRIT能力を持っている

環境や経験などで、忘れてしまっているかもしれませんが、人間はやり抜く力を生まれながらにして持っています。

何かを成し遂げたい、成果を残したい方は是非このGRITについて、学ぶことをおすすめします。

書籍には他には子どもや他人の「やり抜く力」を伸ばす方法なども書かれてました。気になる方はぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

kindle版

書籍版

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

あわせて読みたい


ブログを1年毎日 継続できた理由

\記事リクエスト募集中/


【お願い】
ワーカホリックダイアリーでは「社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を毎日23時50分に発信しております。

社会人の方はぜひブックマークしていただき明日もお越しいただけたら嬉しいです。

[ブックマーク手順]
iPhone Safariの方:
 下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Android Chromeの方:
 右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

パソコンの方:
 キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-スキルアップ
-,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2019 All Rights Reserved.