生活術

年賀状は輪ゴムで止める方が良い|束ねる理由とメリットを解説

年賀状を出す時に輪ゴムでとめる?

みなさんは年賀状をポストに投函する際、何枚かの年賀状を束ねて輪ゴムをとめていますか?

郵便ポストにも輪ゴムで束ねて欲しいと貼り付けられています。

今回は輪ゴムでとめる理由を調べてみました。

年賀状を輪ゴムでとめるのは仕分け用機械のため

調べてみると年賀状を輪ゴムでとめるの次の理由からだそうです。

仕分け用機械に郵便番号を読み取らせるため上下表裏の向きを揃えなければならない。

そのため、年賀状の向きを揃えて束ねてくれていると郵便局の人が助かるので複数枚なら輪ゴムでとめた方が良い

もちろん、バラバラにだしても、届きます。

大きな理由は、郵便局の人の作業が少し楽になるということですね。

年賀状を輪ゴムでとめる その他のメリット

輪ゴムでとめると他にもメリットがあると思います。

・汚れにくい

・折れたりしにくい

・他のハガキと混ざりにくい

年賀状を束ねる際の輪ゴムの とめ方

なるべくバラけたり、歪んだりしないように「輪ゴムは十字でとめる」のが良いです。

 

さいごに

今回は「年賀状を輪ゴムでとめる理由」について解説しました。

誰かのお役に立てたら幸いです。

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

---- 当サイトのPRをさせてください ----

当サイトは「社会人に役立つ仕事術、生活術、スキルアップ術」を発信しております。また来ていただけたらたいへん嬉しいです。

ぜひブックマークをお願いします。

iPhoneの方:
ブラウザ下部の[↑]ボタン > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
ブラウザ右上の [︙]ボタン > [ホーム画面に追加(アプリをインストール)] もしくは[☆タップ]

PCの方:
ブラウザ 右上の[☆]ボタン、もしくはキーボード[Ctrl]+[D]

またのお越しをお待ちしております。

\面白かったらシェアお願いします/
記事タイトルとURLをコピー

-生活術
-, ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2022 All Rights Reserved.