仕事術

やると言ってやらない部下、どうしたらよいか。

2018年10月27日

部下を責める前に・・
・伝え方に問題が無かったか?
・認識齟齬が起きていないか?
感情はフラットにして、部下に直接聞いてみよう。

やるやる詐欺

あなたの周りにもいませんか。
やると言って結局行動を起こさない人。
他人なら関わらないようにすれば良いが、部下なら今後のために、原因、理由を明確にしましょう。

やらなかった理由

理由がない行動はありません。必ず、人の行動には理由があります。
ミスマッチが起こるのは他人同士なら当たり前です。
まず部下の心理、理由を聞いてみましょう
過去にあった部下たちの理由を記載しておきます。

忘れていた

確かに忘れっぽい人はいます。
重要な部分は強調して、あげてください。

まず部下には必ず、メモをとるように伝えましょう、

代替

自分独自に解釈し別の解決方法で対応していた場合もありました。
「このデータを確認したら、依頼のあった作業はやる必要がなくなった」など。
自分なりに検討し、別のデータでやってみようと試みたのは褒めるべきだが、勝手に別のやり方で実施してしまったのが良くありません。
間違ったやり方だった場合、2度手間になりかねない。
報告せずに、実施してしまったのは良くないと伝えよう。
まずは、依頼主に一報いれるなり、許可をとるなりしてもらいましょう。

優先順位が下がった

重要な依頼ということ自体に気づいてなく、後回しにされている。
これは重要度、緊急度、期限をしっかり伝えてやってもらえるようにしましょう。

人に頼むコツをまとめているのでこちらも参考にしてください。

人にお願いするのが苦手な人、必見。人にお願いするときのポイント。

人にお願いするのが苦手 私は人にモノをお願いすることが非常に苦手です。 相手は忙しいのではないか、嫌な気持ちになるのではないか、いろいろ考えるのが面倒で、自分が調べたり頑張ればできることなら、だいたい ...

続きを見る

どうすれば人は動くのか「人を動かす方法」を4つご紹介。

人を動かすには「感情」「心」がポイントである 人を動かしたい 仕事で人を動かす必要があるときに、どのように伝えますか。 いくつか方法がありますので、順番に説明していきます。 ①見通しがたち安心すると人 ...

続きを見る

部下が、頼まれたことをやっていないと、頭を悩ましたり、無能とレッテルを貼る前に、ミスマッチが起きてないか、まずは確認することをおすすめします。

何かの参考になれたら幸いです。

\記事リクエスト募集中/


【お願い】
ワーカホリックダイアリーでは「社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を毎日23時50分に発信しております。

社会人の方はぜひブックマークしていただき明日もお越しいただけたら嬉しいです。

[ブックマーク手順]
iPhone Safariの方:
 下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Android Chromeの方:
 右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

パソコンの方:
 キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-仕事術
-, ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2019 All Rights Reserved.