仕事術

損して得取れ ビジネスが生まれるコツ。ことわざの意味、英訳も解説。

相手のために自分が損をする事を正直に伝えられる商売人は信用され、やがてビジネスチャンスを掴む

損して得取れ

伊集院光さんが朝のラジオで
「朝顔市」で感動されたエピソードを話されていました。

先日行った朝顔市でお店の方が

「(この朝顔は)今は一番綺麗で良いけど、この後も咲かして楽しみたいのでしたら(この朝顔は)おすすめできない

と仰られていました。

自分が損をすることを正直に言ってくれる商売屋さんって素晴らしい、今後も常連になろうと思えますよね。

出典:TBSラジオ「伊集院光とらじおと」 2018/10/22

相手のために自分が損することを正直に言える商売人の方は、確かに信頼できるし、私もその時は買わなかったとしても、次はこの人から買うと思います

まさに、損して得取れですね。

ことわざの意味

せっかくなので、ことわざ「損して得取れ」の意味を大辞林を引いてみました。

一時は損をしても,その損によって将来大きな利益を得る方がよい。

出典:大辞林「損して得とれ」

英訳

英語でも、似たような格言があります。

Sometimes the best gain is to lose.

訳すと

ときどき、損をすること最大の利益を得ることがある

他の国にも同様の格言があることから、万国共通のマーケティング手法といえそうです。

さいごに

損して得取れ

相手のために自分の損を選択できる人間は大きな利益を掴む


万国共通のマーケティング手法。

何かの参考になれたら幸いです。

社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を発信してます。ブックマークしてまたお越しいただけたら嬉しいです

[ブックマーク手順]
iPhoneの方:
下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

PCの方:
キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-仕事術
-, , , , ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.