仕事術

【滑舌もビジネススキル】日常の中で滑舌の悪さを改善する方法を紹介。そもそも滑舌が悪くなる原因って何?

2020年5月3日

会議で滑舌が悪くて「すみません、聞き取れませんでした、もう一度お願いします」と言われた事ありませんか?

このやりとりが何度も発生すると、会話のテンポが悪くなるだけでなく、熱量も下がり商談なども成功率も下がる可能性があります。

このことから、滑舌ビジネスパーソンの重要スキルと言えます。

さらに、最近ですとリモート会議、TV会議などオンラインで会議することが増えてました。

オンラインの音声は、生の音よりどうしても不明瞭となるため、より滑舌の良さが求められると思います。

滑舌は良いに越したことはありません。

今回は「日常の中で滑舌の悪さを改善する方法」を紹介したいと思います。

日常の中で滑舌の悪さを改善する方法

滑舌が悪くなる原因を説明した後に、滑舌を良くするレッスン、改善方法を紹介したいと思います。

そもそもなぜ滑舌が悪くなる

滑舌が悪くなる一番の原因は「舌の筋力の衰え」があります。

舌の筋力の衰えは、会話量食事の咀嚼量、口呼吸など影響しています。

スマホ、SNSなどであまり会話量をせず、さらに食事も柔らかいモノばかり食べていると滑舌が悪くなります。

口呼吸をしているとしたの筋力が緩んで滑舌が悪くなると言われています。

日常の中で滑舌の悪さを改善する方法

①舌をぐるぐる回す

舌の筋力をアップする有名なトレーニングですね。

前歯の間にを差し込み、時計回りにグルグル10回まわし、
さらに反時計回りにグルグル10回まわす。

これを毎日続けると滑舌が改善されるそうです。
私も現在、2週間継続中です。舌は強くなった気がします。

②しっかり咀嚼する

当たり前のことをしっかりやりましょう。

一口ごとに30回は咀嚼する。

③鼻呼吸にする

口呼吸は舌の衰えだけでなく、口臭、体調不良などデメリットが多いのです。

意識的に鼻呼吸する。

④早口言葉を練習する

滑舌改善には、早口言葉を練習するのも良いとされています。

いくつか有名な早口言葉を紹介します。

・隣の客はよく柿食う客だ

・赤巻紙 青巻紙 黄巻紙

・ バス ガス 爆発

・ 赤パジャマ 黄パジャマ 青パジャマ

・裏庭には二羽にわとりがいる

・生麦 生米 生卵

・ 東京特許許可局

・ お綾や 親に お謝り お綾や 八百屋に お謝り

・ 坊主が屏風に上手に坊主の絵を書いた

・パン壁(カベ) パン壁(カベ) パン壁(カベ) パン壁(カベ)

・この竹垣に竹立てかけたのは 竹立てかけたかったから 竹立てかけたのです

さいごに

今回は「日常の中で滑舌の悪さを改善する方法」を紹介しました。

誰かのお役に立てたら幸いです。

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

\記事リクエスト募集中/


【お願い】
ワーカホリックダイアリーでは「社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を毎日23時50分に発信しております。

社会人の方はぜひブックマークしていただき明日もお越しいただけたら嬉しいです。

[ブックマーク手順]
iPhone Safariの方:
 下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Android Chromeの方:
 右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

パソコンの方:
 キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-仕事術
-, , ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.