仕事術

仕事で重大なミスを防ぐ「ヒヤリハット」

こんな方におすすめ

  • 仕事で重大なミスを防ぎたい方
  • ヒヤリハットについて知りたい方

ヒヤリハットという言葉を耳にしたことがありますか?

今回は「ヒヤリハット」について説明したいと思います。

ヒヤリハットとは

仕事上で大きな問題・重大なミスにはならなかった小さなヒヤリとしたり、ハッとした出来事のこと。

主に、命の危険が隣り合わせな”製造や医療の現場”ミスの再発防止のために使われていました。

ヒヤリハットの先には重大なミスがある

仕事現場では、日々、ヒヤリとしたり、ハッとした出来事「ヒヤリハット」が発生しています。

しかし、ヒヤリハットは直接問題にならないためそのまま見過ごしがちです。

ヒヤリハットをほっておくと、次は軽微なミスが発生します。

こちらも自身や周りの人で何とか解決できてしまうレベルですと大きな問題にならずにこちらも見過ごされていきます。

そして、最後に取り返しのつかない致命的で重大なミスが発生してしまう。

このように、1件重大なミスの背後には、多くの軽微なミスとヒヤリハットが隠れています。

こちらはハインリッヒの法則と呼ばれています。

ハインリッヒの法則:
1件の重大なミスの背後には29件軽微なミス300件ヒヤリハットがある。
ハインリッヒの法則

ハインリッヒの法則

ヒヤリハットは成功のヒント

重大なミスをビジネスでしてしまうと時間や費用を使って解決しなければいけなくなります。

重大なミスに発展する前に、300件のヒヤリハットのうちに防止策を講じましょう

ミスを出来る限り発生させないことがビジネスにおける成功の近道となります。

重大なミスの防ぎ方「ヒヤリハットはメモり、チームで共有し資産に」

ヒヤリハットは忘れないことが大切です。

「危なかった」「これミスりやすいな」と思った瞬間にメモを取ることを徹底しましょう。

そして、そのメモしたヒヤリハットをチーム内で共有すると「私もそうだった」「こんなことも危なかったよ」と事例がさらに集まっていきます。

とにかく事例を集めていくと傾向が見えてきますので効果的な対策を立てることができます

ヒヤリハットが発生したらメモを取り、チーム内で共有。
集めた事例の傾向から効果的な対策を立てる。

さいごに

今回は「ヒヤリハット」について説明しました。

誰かのお役に立てたら幸いです。

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

---- 当サイトのPRをさせてください ----

当サイトは「社会人に役立つ仕事術、生活術、スキルアップ術」を発信しております。また来ていただけたらたいへん嬉しいです。

ぜひブックマークをお願いします。

iPhoneの方:
ブラウザ下部の[↑]ボタン > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
ブラウザ右上の [︙]ボタン > [ホーム画面に追加(アプリをインストール)] もしくは[☆タップ]

PCの方:
ブラウザ 右上の[☆]ボタン、もしくはキーボード[Ctrl]+[D]

またのお越しをお待ちしております。

\面白かったらシェアお願いします/
記事タイトルとURLをコピー

-仕事術
-, , ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2022 All Rights Reserved.