仕事術

【仕事術】ヒヤリ・ハットから学び、重大なミスを防ぐ方法。

ヒヤリ・ハットという言葉を耳にしたことがありますか?

主に製造や医療の現場で利用される問題の再発防止のための考え方です。

今回は「ヒヤリ・ハットから学び、重大なミスを防ぐ方法」について考えたいと思います。

ヒヤリ・ハットとは

作業現場で発生した問題にはならなかった小さな「ヒヤリとしたり、ハッとした出来事」のこと。

ヒヤリ・ハットの先には重大なミスがある

現場ではこのヒヤリ・ハットが日々発生しています。

 

ヒヤリ・ハットは「問題には発展しなかった」ため、そのまま見過ごしがちです。

今度は軽微なミスが発生。

こちらも自身や周りの人で何とか解決できてしまうと、大きな問題にならずに見過ごされていきます。

そして、最後に取り返しのつかない致命的で重大なミスが発生してしまう。

このように、1件重大なミスの背後には、多くの軽微なミスとヒヤリハットが隠れています。

こちらはハインリッヒの法則と呼ばれています。

ハインリッヒの法則:
1件の重大なミスの背後には29件軽微なミス300件ヒヤリ・ハットがある。
ハインリッヒの法則

ハインリッヒの法則

ヒヤリ・ハットは成功のヒント

重大なミスをビジネスでしてしまうと時間や費用を使って解決しなければいけなくなります。

 

重大なミスに発展する前に、300件のヒヤリ・ハットのうちに防止策を講じましょう

ミスを出来る限り発生させないことがビジネスにおける成功の近道となります。

重大なミスの防ぎ方「ヒヤリ・ハットはメモり、チームで共有し資産に」

ヒヤリ・ハットは忘れないことが大切です。

「危なかった」「これミスりやすいな」と思った瞬間にメモを取ることを徹底しましょう。

そして、そのメモしたヒヤリ・ハットをチーム内で共有すると「私もそうだった」「こんなことも危なかったよ」と事例がさらに集まっていきます。

とにかく事例を集めていくと傾向が見えてきますので、効果的な対策を立てることができます

ヒヤリ・ハットが発生したらメモを取り、チーム内で共有。
集めた事例の傾向から効果的な対策を立てる。

 

さいごに

今回は「ヒヤリ・ハットから学び、重大なミスを防ぐ方法」について考えました。

誰かのお役に立てたら幸いです。

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を発信してます。ブックマークしてまたお越しいただけたら嬉しいです

[ブックマーク手順]
iPhoneの方:
下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

PCの方:
キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-仕事術
-, ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.