仕事術

【仕事】分かりやすく伝わりやすい説明のコツ

こんな方におすすめ

  • 説明するのが苦手な方
  • 分かりやすく伝わりやすい説明の仕方を知りたい方

伝わりやすい説明のコツ

会社内や会社外でたまに「この人の説明は本当に分かりやすい」ビジネスマンに出会います。

どの部分が伝わりやすくしているのかを注意深く聞いていると次のような特徴があることが分かりました。

1.最初に結論を話す

分かりやすい説明をしている方の一番の特徴は「説明の最初に結論を話す」点にあります。

 

ゴール・着地点が見えていると、全体像がイメージでき理解がすすみます。

いつゴールするのが分からないマラソンほど不安でストレスを感じるものですので、最初に結論というゴールを見せてあげることで相手は安心して話に集中してくれるでしょう。

2.専門用語や横文字を使わない

次にある特徴が「専門用語や横文字を使わない」点です。

相手に伝えることの本質を理解していない人はかっこいいビジネス用語や専門用語、横文字など使いがちです。

本当に仕事ができる人の説明は小学生でも理解させるができます。

ビジネス用語の多様は気を付けましょう。

【カタカナ語一覧】横文字はなるべく使いたくないが意味ぐらいは覚えておこう。

仕事場で横文字ばかり使う人 会社にいませんか? やたらと横文字ばかり使う人。 正直、私は日本語に置き換えれる言葉を横文字、カタカナ語にすることに違和感、抵抗感があり、出来るだけ使わないようにしてます。 ...

続きを見る

3.聞き手の知識レベルに合わせ具体例を示す

賢い人、仕事ができる人は聞き手の知識レベルに合わせて物事を分かりやすくかみ砕いて具体例を示すことができます。

相手が野球好きなら野球の例え、歴史が好きなら歴史上の人物で例え、製造業界なら製造業界の例えなど、相手が理解できそうな物事に置き換え伝えることができます。

事前リサーチと幅広い知識が必要になりますが、相手の業界、趣味などが分かっていれば準備も可能です。

4.長さや数を伝える

1の結論を話すに近いテクニックですが「長さや数を伝える」点も説明が伝わりやすくなるコツの一つです。

具体的には「提案は全部で2つあります。」「最初に2分間、状況をお伝えさせてください。」など事前に伝えることで相手の頭の中も整理されて理解が深まります。

さいごに

今回は「分かりやすく伝わりやすい説明のコツ」を解説しました。

誰かのお役に立てたら幸いです。

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

あわせて読みたい

伝わりやすいビジネスメールは「改行や強調表現」を活用

読み手のことを考えたメールを 仕事でメールを書くとき、どのような点を気にしますか。 相手が読むときに読みやすく、重要事項が伝わることを大切にしたいと考えてます。 次の文章を見てみてください。 むかしむ ...

続きを見る

----本サイトのPRさせてください。m(_ _)m ----

本サイトは「社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を発信してます。ブックマークしてまたお越しいただけたら嬉しいです

[ブックマーク手順]
iPhoneの方:
下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

PCの方:
キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-仕事術
-, ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2021 All Rights Reserved.