雑学

【Linux】ファイル表示、閲覧コマンド 「less、cat、vi」の違い

2019年5月15日

less、cat、viの違いが分からない

Linuxでファイルを表示する際に様々なコマンドがあって迷うことがあります。
備忘録のために違いをまとめました。

表示コマンドの違い

コマンドの概要、編集可否、特徴を簡単に説明します。

less

・最低限の内容だけを読み込むため高速に表示ができる。
・編集は不可
・圧縮ファイルでも解凍せずに閲覧が可能です。

cat

・単一ファイルから複数ファイルまで停止無しで繋げて出力することができる。
・編集は不可
ファイルの結合など、少ない行数のファイルを複数同時に表示する際に利用することが多い。

vi

・ファイル閲覧も可能な多機能エディタ
・編集が可能
・ファイルを見るだけなら閲覧専用の「view」か「less」がお勧め

head

・ファイルの先頭から指定の行数までを表示することができる。
・編集は不可
・例:先頭から3行まで表示「head -n 3 sample.txt」

tail

・ファイルの末尾から指定の行数までを表示することができる。
・編集は不可
・ファイル追記監視のオプション「-f」を付けて、アクセスログの監視に使われることが多い。
例:アクセスログをリアルタイムで監視「tail -f access.log」

 


 

改めて調べて、Linuxのファイル閲覧コマンドは沢山あるのに驚きました。

用途ごとにコマンドを使い分けてみてください。

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

\記事リクエスト募集中/


【お願い】
ワーカホリックダイアリーでは「社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を毎日23時50分に発信しております。

社会人の方はぜひブックマークしていただき明日もお越しいただけたら嬉しいです。

[ブックマーク手順]
iPhone Safariの方:
 下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Android Chromeの方:
 右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

パソコンの方:
 キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-雑学
-, , ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2019 All Rights Reserved.