雑学

親子上場の意味やメリットを解説。過去に親子上場をした企業一覧。

ソフトバンクの株式上場?

最近、経済ニュースで「ソフトバンクが親子上場(おやこじょうじょう)した」と聞きました。

恥ずかしながら親子上場の意味やメリットを理解できてなかったので改めて調べました。

親子上場の意味

その名の通り、親会社と子会社が両方、株式を上場することです。

そのまんまですね。

※改めて上場についても記載しておきます。

上場(じょうじょう)とは

企業の発行する有価証券などの商品が取引所で売買可能になること。

出典:野村証券

 

親子上場のメリット

  • 子会社の資金調達
  • 子会社の市場価値向上
  • 子会社の信用力向上
  • 子会社の経営裁量が増える

親子上場の一覧

日本における親子上場の有名企業はこちらになります。

※親と子の順番で記載。

  • NTTNTTドコモ
  • イオンミニストップ
  • カネカセメダイン
  • KDDI沖縄セルラー電話
  • GMOインターネットGMOクラウド
  • ソフトバンクグループソフトバンク、ヤフー
  • トヨタ自動車日野自動車
  • 日産自動車日産車体
  • 日本郵政ゆうちょ銀行
  • 日立製作所日立建機
  • ビックカメラコジマ
  • やまやチムニー
  • RIZAPグループジーンズメイト

現在は200~300社程度と言われています。


 

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

 

社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を発信してます。ブックマークしてまたお越しいただけたら嬉しいです

[ブックマーク手順]
iPhoneの方:
下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

PCの方:
キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-雑学
-, ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.