分析

【カジサック祝100万人登録】無謀なチャレンジでも、やり続ければ必ずファンがついてくる

カジサックさんの挑戦

2018年10月にキングコングの梶原雄太さんはユーチューバーに挑戦することを発表しました。
その際に、次のような公約を掲げました。

初めて見た方は、何かモヤっとした方もいるのでは無いでしょうか?

予想通り大炎上しました。

「Youtuberを舐めている」「100万人は無理」「誰も見ない」など、辛辣なコメントが並びました。

動画の評価はバットマークが2万件以上付き、厳しいスタートとなりました。

チャンネル開設日から毎日動画投稿

最初は動画の内容関係なく、低評価が続いていました。

ですが、カジサックさんはそんな逆風にも負けずに、毎日投稿を続けました。

カジサックさんの動画

徐々に本気度が伝わっていたためか、低評価より高評価が上回るようになって逆風は応援の声に変わっていきました。

コメント欄にも変化が起き始め、アンチ系の人たちが、カジサックのファンに変わっていく姿を多く見るようになってきました。

現在のカジサックの高評価率は「97%

HIKAKINの高評価率は「94%」であることから、Youtuberの中でもカジサックの好感度が高いことが分かります。

そして、2019年7月に、、、

10ヶ月で番組登録者数 100万人達成

あの逆風の中、10ヶ月で100万登録達成は、素晴らしいです。

毎日コツコツYoutubeの動画を投稿し、誠実に視聴者に向き合った結果だと思います。

100万人達成した当日の深夜に感謝の動画をあげてました。

私も、仲間と協力してここまで来れたことを知っているので動画を見て感動してウルっときてしまいました。

カジサックさんが成功した理由

カジサックさんがYoutubeで成功した理由は次の4つだと私は考えます。

毎日投稿
②様々なコラボ
ファミリー
当事者意識

それぞれ解説します。

①毎日投稿

カジサックさんはチャンネル開設当初から毎日欠かさず、動画を同じ時間に投稿し続けてました。
Youtubeに対する誠実さを示しただけでなく、毎日同じ時間に投稿されるため視聴者たちに習慣化されやすくなっていたのだと思います。

②様々なコラボ

最初は大物Youtuberたちとのコラボで、Youtubeにおける基盤を作りました。

・ラファエルさん、ヒカルさん、ジョーブログさん、デカキンさん etc..

カジサックさんは吉本興業の芸人というだけあって、人気の芸人さんとコラボ動画を挙げてます。

やはり、芸人はしゃべりのプロたち。普通のYoutuberに比べると、話芸の差は歴然でした。

あまりテレビを見ていない世代のファンもそれに驚き、ファン層を拡大していったと思われます。

テレビ業界では扱いづらい極楽とんぼの「山本さん」であったり、インパルスの「堤下さん」なども積極的に出演してもらい、テレビとの差別化ポイントとして効果を発揮しました。

③ファミリー

カジサックには非常に暖かく、優しく、コミカルな家族がいます。

この家族たちの存在も100万人達成には大きく貢献したと思います。

カジサックの奥さんこと嫁サックは、主婦ならではの視点と、メイクなどの美容など、女性が興味を持ちそうなネタの提供をしてくれました。

カジサックの子供たちも、非常にかわいらしく、ユーモラスな子供たちで、固定ファンが付いています。

他のYoutuberにはなかなか出せない引き出しだと思います。

④当事者意識

最後に当事者意識がしっかりある点がYoutubeでの成功につながっていると思います。

Youtubeを事務所に言われてやらされているのではなく、自分たちで企画し、自分たちで撮影、そして視聴者の声を自分たちでしっかり聞く、そして次の動画に反映しつづけました。

このPDCAを回し続けた結果、ユーザたちの好み、求めているモノを精度高く提供できるようになっていったのだと思います。

あと単純だけとコメント欄をしっかり読んで、自ら「いいね」を押しているのも、好感度アップ、そして自らの成長につながっていたのだと思います。


今回はYoutuberカジサックさんのチャンネル登録者数100万人達成を記念して、ブログの記事にしてみました。

カジサックさん、本当におめでとうございました!

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を発信してます。ブックマークしてまたお越しいただけたら嬉しいです

[ブックマーク手順]
iPhoneの方:
下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

PCの方:
キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-分析
-, , ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.