分析

CT、CTRとは。意味、何の略か解説。

こんな方におすすめ

  • web開発者、マーケティング担当の方。
  • CT、CTRが何の略か知りたい方。
  • CT、CTRの意味、違いが知りたい方。

どのくらいクリックされた?

web開発者、マーケティング担当の方なら「CT、CTR」という言葉をよく耳にしているのではないでしょうか。
それぞれの何の略でどんな意味なのかを解説していきたいと思います。

CTとは

意味

クリック数

何の略

Click Through

解説

インターネット用語の一つで主にWeb分析、広告分析で使われます。

広告や画面遷移のリンクなど、クリックした回数を差します。

気を付けたいのが1人のユーザがクリックを何度もして、2000CTだったとしても、ユーザとしては1人であるため、改善の参考にするときに注意しなければいけないです。
まんべんなく、ユーザたちがクリックしているのが理想ですね。

CTRとは

意味

クリック率

何の略

Click Through Rate

解説

広告やリンクを閲覧した人のうち、クリックした人の割合を差します。

閲覧数、クリック数をベースにした考え方ですと、公式は以下のようになります。

公式

CTR[%]=クリック数÷閲覧回数×100

広告の閲覧回数が1000回で、そのうち50回広告をクリックされた場合

CTRは「5%」

注意点したいのが、上記の計算で取ると、一部のユーザがクリックを多数してしまうと偏りが出ます。

ユーザに対してのCTRを集計するのをおすすめします。

公式

CTR[%]=クリックしたユーザ数÷広告を閲覧したユーザ数×100

このように分析が難しい点がありますので、さまざまな指標を用いて判断した方が良いです。

まとめ

web分析、広告改善で重要なCT、CTR。

こちらはGoogleアナリティクス、Googleサーチコンソールなどのツールで簡単に見れます。

ブログを解析、改善したいと思っている人はご利用してみてはいかがでしょうか。

何かの参考になれたら幸いです。

社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を発信してます。ブックマークしてまたお越しいただけたら嬉しいです

[ブックマーク手順]
iPhoneの方:
下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

PCの方:
キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-分析
-, , , ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.