仕事術

スペシャリストかジェネラリストか。意味を解説。

2018年5月31日

あなたはスペシャリスト?ジェネラリスト?

皆さんはスペシャリストですか?

それともジェネラリストですか?

 

少し前に所属長と面談した際に、

「今後、スペシャリストを目指したいのか、ジェネラリストを目指したいのかそろそろ決めないといけないよ」

とフィードバックをいただき、30代の後半に差し掛かってきて、今更ながら、自分の働き方、方向性について考え始めました。

まず、ビジネス用語でもある、スペシャリストとジェネラリストについて、少し整理してみたいと思います。

スペシャリストとは・・・特定分野に深い知識や優れた技術をもった人。

例えば、専門家、デザイナー、マーケッター、営業など。

ジェネラリストとは・・・分野を限定しない広範囲な知識・技術・経験を持つ人。

例えば、役員、管理職、プロデューサー、人事など。

どちらを目指すか、即答できない自分がいます。

本当はスペシャリストを目指したいけど、自分の能力や周りの意見を聞く限りでは、ジェネラリストが合っているのだと思います。

少なくとも、今の時点では、どちらに転がっても中途半端になってしまいそうです。

まずは、広いけど浅かったり、深かったり、たまに抜けていたりする知識を整理し、仕事に必要な知識を網羅的に形成していきたいと思います。

その次に、1分野でも良いので負けない知識、経験を持ちたいと思ってます。

\記事リクエスト募集中/


【お願い】
ワーカホリックダイアリーでは「社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を毎日23時50分に発信しております。

社会人の方はぜひブックマークしていただき明日もお越しいただけたら嬉しいです。

[ブックマーク手順]
iPhone Safariの方:
 下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Android Chromeの方:
 右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

パソコンの方:
 キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-仕事術
-, , ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2019 All Rights Reserved.