仕事術

SlackにGoogleカレンダー連携しステータスの自動更新や通知を表示する方法

こんな方におすすめ

  • SlackとGoogleカレンダーを連携したい方
  • Slackのステータスを自動更新したい方

仕事でSlackGoogleカレンダーをお使いの方で、Slackに集中しすぎて予定していた会議に遅刻したり、すっぽかしてしまうことありませんか?

Googleカレンダーからの通知は10分前くらいから来ているはずだけど、なぜか気付けないことがあります。

そのような方にはSlackにGoogleカレンダーを連携することをおすすめします。

今回は「SlackのGoogleカレンダー連携」について解説します。

SlackにGoogleカレンダー連携して予定をSlack通知する方法

次の手順で簡単に設定できます。

step
1
左のメニューから「Google calendarを接続」

※表示されていなければアプリを追加からGoogle calendarを追加してください。


step
2
GoogleCalendarのSlackアクセス権限を許可


step
3
Googleアカウントを選択し、アクセス権限を許可

対象のGoogleアカウントを選択して、Googleアカウントへのアクセス権限を許可します。


 

対応が完了するとSlack上にGoogle Calendarが表示され、スケジュールのタイミングでSlackから通知がくるようになります。

 

Slackステータスを自動変更する方法、解除する方法

Google CalendarのSlackステータス連携を行えば、自分が現在、ミーティングに参加していることをSlack上で他メンバーに知らせることができます。

ステータス自動連携

 

ステータスを自動に変更する方法

例えば①、②のように「カレンダーに従ってstatus自動更新しますか?」メッセージが定期的に来ているのでこちらを「Turn On」にすれば良いです。

Google calendarに連動したステータスを削除する方法

メッセージに「/gcal」と入力するとGoogle calendar連携設定が表示されます。

こちらの「ON: Automatically Update Slack Status」を「Turn Off」に変更すればステータスは連動しなくなります。

さいごに

今回は「SlackにGoogleカレンダー連携して予定ごとにSlack通知する方法」を解説しました。

誰かのお役に立てたら幸いです。

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

---- 当サイトのPRをさせてください ----

当サイトは「社会人に役立つ仕事術、生活術、スキルアップ術」を発信しております。また来ていただけたらたいへん嬉しいです。

ぜひブックマークをお願いします。

iPhoneの方:
ブラウザ下部の[↑]ボタン > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
ブラウザ右上の [︙]ボタン > [ホーム画面に追加(アプリをインストール)] もしくは[☆タップ]

PCの方:
ブラウザ 右上の[☆]ボタン、もしくはキーボード[Ctrl]+[D]

またのお越しをお待ちしております。

\面白かったらシェアお願いします/
記事タイトルとURLをコピー

-仕事術
-,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2022 All Rights Reserved.