仕事術

スケジュール管理に主導権を持つ

スケジュール管理、みなさん得意ですか?
あるサービスのプロジェクトマネージャーを行っていた時は、各部署から様々な予定が入り、カスタマーサポートからは飛び込みで質問、新しい機能のことも考えないといけないし、売上げ、会員数を毎日ウォッチ。
タスク過多でスケジュール管理が破綻しかけておりました。
Googleカレンダーなどを業務で使うようになり、他人のスケジュールを抑えることが容易になってしまったために、ほっとくとどんどん予定は埋められていきます。
スケジュール管理が受け身になっていたため、そのような事態に陥っていったと思います。

スケジュール管理の主導権を持つため、一旦、自分ひとりの作業時間も先にスケジュール上に明記するようにしました。
自分が参加しなくてもよい会議が入ることも少なくなり、業務が非常にやりやすくなりました。

スケジュール上で見えていない時間も何かしらの業務をやっているので、先にそれを明確化し、その時間を先に確保しておくのがスケジュール管理の主導権を持つポイントかと思います。

スケジュール管理の基本についても、備忘録のために記載しておきたいと思います。

スケジュール管理の基本

予定が入ったらすぐに予定表に反映すること。
スマホ、PCから確認、更新ができるGoogleカレンダーなどオンラインカレンダーがおすすめ。
お客様と対面中やオンラインでカレンダーが更新できない場合のため、手書きのメモも補助的に利用し、すぐにオンラインに反映するのがスケジュール管理のコツです。
ダブルブッキングは社会人として絶対やってはいけない。

若手のころは、これができていなくて良く失敗しました。

何かの参考になればと思います。

---- 当サイトのPRをさせてください ----

当サイトは「社会人に役立つ仕事術、生活術、スキルアップ術」を発信しております。また来ていただけたらたいへん嬉しいです。

ぜひブックマークをお願いします。

iPhoneの方:
ブラウザ下部の[↑]ボタン > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
ブラウザ右上の [︙]ボタン > [ホーム画面に追加(アプリをインストール)] もしくは[☆タップ]

PCの方:
ブラウザ 右上の[☆]ボタン、もしくはキーボード[Ctrl]+[D]

またのお越しをお待ちしております。

\面白かったらシェアお願いします/
記事タイトルとURLをコピー

-仕事術
-, ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2022 All Rights Reserved.