仕事術

交渉は勝ち負けではない。お互いに納得できる「妥協点・落し所」を探す共同のパズルゲーム

交渉はパズルゲームである

私は社会人になりたてのころ、考えていた交渉のイメージは「戦(いくさ)」でした。

しかし15年も社会人をやっていると交渉のイメージが変わってきて最近はパズルゲームのように感じます。

今回は交渉について考えていきたいと思います。

交渉とは

まず、辞典では「交渉とは、 特定の問題について相手と討議すること。」と記載されています。

辞典上は何やら無機質な表現になっていますが、実際の交渉はもう少し有機質というか「熱」を持っています。

交渉は、お互いの強い主張や、果たすべき目的がある中、話し合いを重ねてお互いに納得できる「妥協点・落し所」を見つける作業と考えます。

決してネガティブではなく楽しい作業

妥協点、落し所と聞くと少しネガティブなイメージを持つかもしれませんが、そうではありません。

どちらかというとポジティブで、ゲーム性の高い楽しい作業になります。

相手と一緒にパズルゲームや脱出ゲームをしているイメージに近いかもしれません。

 

「Aは〇〇を達成したい、Bは△△を達成したい、期限は□□まで、お金は☆円利用できる」

→「全ての条件を満たすような答えを一緒に見つけましょう!」

 

なんだか楽しく思えてこないでしょうか。

交渉のポイント

次の点を抑えておくと交渉がうまくいくかもしれません。

ポイント

・相手の性格、趣味趣向、ホットポイント。

・自分が達成したい目標と最低ライン

・相手が達成したい目標と最低ライン

・期限、工数、予算、その他リソース。

とにかく条件下の中で答えを見つけなければいけないので、条件と目的が明確になっておけば交渉がスムーズに進みます。

あと一番大切なのが相手との信頼関係の構築になります。

信頼関係の構築するには「相手に興味を持つ」ことから始まると私は思います。

興味を持てば自ずと信頼関係が築いていけると思います。

最後に

最後にまとめると

交渉とはお互いに納得できる「妥協点・落し所」を見つけるパズルゲームのような共同作である。

交渉がうまくいくコツは「互いの目標と最低ライン」「各リソース」を事前に把握しておくこと。

一番大切なのは「信頼関係の構築」。相手に興味を持つことから始めよう。

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を発信してます。ブックマークしてまたお越しいただけたら嬉しいです

[ブックマーク手順]
iPhoneの方:
下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

PCの方:
キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-仕事術
-,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.