スキルアップ

相手に伝わる文章の書き方・テクニックをご紹介。

2020年6月24日

こんな方におすすめ

  • リーダー、マネージャーの方
  • ブロガー、Webライターの方

相手に伝わる文章の書き方・テクニック

相手に伝わる文章の書き方・テクニックをいくつか紹介したいと思います。

等身大の言葉

文章をいざ書き始めると「カッコいい言い回し、美しい言葉、頭の良さそうな比喩表現」を使いたくなります。

 

普段使いなれない文章・言葉はメッセージ、想いが乗りにくいです。

無理にカッコいい言葉を選ばず、等身大の言葉を使う方が相手の心に届きます

表記揺れは修正

これはテクニックの話になるのですが、表記揺れは必ず修正しましょう。

例えば、冒頭では「Webライター」と表記されているのに対し途中から「ウェブライター」や「WEBライター」になっているのは、読み手としては気になります。

文章を書くときは表記揺れが起きないように注意しましょう。

言葉は相手のレベルに合わる

小学生に読ませたいのか、主婦に読ませたいのか、それともマーケターに読ませたいのか、読み手の知識レベルに合わせた言葉選びを心がけましょう

 

当たり前ですが小学生相手に「PDCAが~、KGIが~」と言っても伝わりません。

対象相手の知識レベルを事前に把握し、文章・言葉の使い方を合わせることでメッセージが伝わりやすくなります。

読み手とのテンションは合わせる

普通の会話の時に相手が、元気がないのに、こちら側がゲラゲラ笑いながら話すのはおかしいですね。

これと同様に、読み手のテンションを想像し、文章のテンションも合わせることで相手に伝わりやすくなります。

さいごに

今回は「相手に伝わる文章のテクニック」を解説しました。

誰かのお役に立てたら幸いです。

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

あわせて読みたい


created by Rinker
¥891 (2020/07/14 11:29:34時点 Amazon調べ-詳細)


created by Rinker
¥693 (2020/07/14 12:55:36時点 Amazon調べ-詳細)

\記事リクエスト募集中/


【お願い】
ワーカホリックダイアリーでは「社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を毎日23時50分に発信しております。

社会人の方はぜひブックマークしていただき明日もお越しいただけたら嬉しいです。

[ブックマーク手順]
iPhone Safariの方:
 下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Android Chromeの方:
 右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

パソコンの方:
 キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-スキルアップ
-,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.