スキルアップ

【アドラー心理】トラウマを否定、人は意思をもって行動している

2019年6月8日

自己啓発の源流「アドラー」の教え

皆さんはアルフレッド・アドラーをご存知でしょうか。

アドラー氏は現代の自己啓発の源流となった「アドラー心理学」を作った心理学者です。

2013年に出版された「嫌われる勇気」は100万部以上のベストセラーになりました。

この「嫌われる勇気」という本、テレビで紹介されたり、ドラマ化、舞台化されたのでご存知の方は多いのではないでしょうか。

アドラー心理学「トラウマを否定せよ」

「トラウマ」に悩んでいる方には役立つ考えが乗っているかもしれません。

人は「目的」に向かって行動しているだけ

アドラーは「人は、自身の意思・目的に向かって行動している」としています。

 

社会人になって2年経過後に引きこもり」になってしまった人を例にして説明します。

その人自身は「社会に出て上司にパワハラを受け心に傷を負った。社会が怖い」とトラウマのせいで引きこもりになったと考えています。

アドラー心理学では引きこもりの原因となったトラウマ否定します。

現状は、その人自身の目的・意思で行動したという観点から「怒られないように楽にいきたいから、実家に引きこもっている」と考えます。

一見、厳しい考えのように感じます。

ですがこの考えこそが現状を打開する筋道につながります。

「過去のトラウマ」 に囚われたままでは、原因がコントロールできずに改善することが不可能であることが分かると思います。

一方、アドラー心理学の考えでは「目的」に目を向けるため「その目的を達成するように行動」すれば、次のステップに進むことができます。

「過去」は変えられないけど「現在」は変えられます。

「現在」が変われば「未来」を変えられます。

アドラーは「過去に人生に何があったとしても、これからの人生に何の影響もない。幸せになる勇気をもって、自分が望む目的に向かって行動しなさい」としています。

 


 

何かの参考になれたら幸いです.

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

\記事リクエスト募集中/


【お願い】
ワーカホリックダイアリーでは「社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を毎日23時50分に発信しております。

社会人の方はぜひブックマークしていただき明日もお越しいただけたら嬉しいです。

[ブックマーク手順]
iPhone Safariの方:
 下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Android Chromeの方:
 右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

パソコンの方:
 キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-スキルアップ
-, ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.