生活術

今さら聞けないメタボリックシンドロームの診断基準

社会人になると運動不足、外食、飲酒など食生活の乱れもあり、いわゆる「メタボ」になってしまう方が増えます。

メタボの正しい基準をご存知でしょうか。

今回は「メタボリックシンドロームの診断基準」をまとめておきたいと思います。

メタボリックシンドロームの診断基準

メタボリックシンドロームとは内臓脂肪の蓄積により、糖尿病、高血圧症を合併しやすくなってしまう症候群のことをいい、次のような診断基準があります。

腹囲の条件に加えて、脂質、血糖値、血圧の条件2つ以上満たす場合に「メタボ」と診断される

腹囲:男性は85cm以上、女性は90cm以上

脂質:中性脂肪値 150mg/dl以上 または HDLコレステロール 40mg/dl未満

血糖値:空腹時血糖値:110mg/dl以上

血圧:最高血圧:130mmHg以上 または 最低血圧:85mmHg以上

いつ、誰がメタボの基準を決めたのか

日本におけるメタボリックシンドロームの診断基準は次の8団体からなる診断基準検討委員会により、2005年に発表されました。

日本動脈硬化学会

日本肥満学会

日本糖尿病学会

日本高血圧学会

日本循環器学会

日本内科学会

日本腎臓病学会

日本血栓止血学会

さいごに

今回は「メタボリックシンドロームの診断基準」について解説しました。

誰かのお役に立てたら幸いです。

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を発信してます。ブックマークしてまたお越しいただけたら嬉しいです

[ブックマーク手順]
iPhoneの方:
下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

PCの方:
キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-生活術
-,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.