生活術

文字の書き方で読み手の印象が変わる

文字の書き方と読み手の印象

文字の書き方にはさまざまなスタイルがあります。

大きな文字、小さな文字、筆圧の強い文字、綺麗な文字、可愛らしい文字、荒々しい文字。

それぞれの文字の書き方で読み手に与える印象が変わります

今回はこちらをまとめたいと思います。

文字の与える印象

「お手本みたいに綺麗な文字」読み手の印象

真面目。誠実。仕事が出来そう。優しい。

「雑な文字」読み手の印象

不真面目。仕事が出来なそう。切れやすそう。

「カクカクした文字」読み手の印象

かっちりした性格。こだわりが強そう。神経質。

「筆圧が強い」読み手の印象

こだわりが強い。自信家。ポジティブ。

「筆圧が弱い」読み手の印象

あまり前に出てこない性格。協調性がある。消極的。

「丸文字」読み手の印象

感情表現が豊か。幼い。友達が多そう。

「大きい文字」読み手の印象

マイペース。型に囚われない。広い心をもってそう。

「小さい文字」読み手の印象

慎重派。心配性。人を信じていない。

「文字のサイズがバラバラ」読み手の印象

優柔不断。気が散りやすい。気が多い。


 

だいぶ、私の独断と偏見が入っていますね。

申し訳ございませんでした。

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を発信してます。ブックマークしてまたお越しいただけたら嬉しいです

[ブックマーク手順]
iPhoneの方:
下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

PCの方:
キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-生活術
-,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.