生活術

髪の毛を寄付できる?ヘアドネーションが話題。

髪の毛を寄付できる?

髪の毛を寄付できるって知ってましたか?

最近、知人が「髪の毛を寄付した」と聞いて驚いたので調べてみて、初めて知りました。

この髪の毛の寄付する活動は「ヘアドネーション」と呼ばれ、近年、女性の間で話題になってきているとのこと。

今回は「髪の毛の寄付 ヘアドネーション」について調査したいと思います。

ヘアドネーションとは

(ヘアドネーションとは)

病気や事故で髪の毛を失った子どものために、寄付された髪の毛医療用ウィッグを作りプレゼントする活動

もともとはアメリカで始まった活動ですが、日本では2009年にNPO法人のJapan Hair Donation & Charityが活動を開始し、芸能人の参加などもあり徐々に認知度があがっていきました。

ヘアドネーションを行っている日本の団体

・NPO法人 Japan Hair Donation & Charity
・NPO法人 HERO
・株式会社グローウィング(つな髪プロジェクト)

寄付できる髪の毛の条件・制限

寄付できる髪の毛
31cm以上の長さであること

補足:一定の処理をされるため31cm以上であれば、次のような髪の毛でも問題ない。

カラーリング/パーマ/ブリーチされた髪の毛/癖のある毛/白髪

なぜ本物の髪の毛を使うのか

人工の髪の毛はどうしても手触り、光沢に違和感があり、気づかれることが多いそうです。

年頃の子どもたちにとって、このような部分で目立つことは非常に嫌がり、不登校など深刻な問題になることが多い。

このため、違和感が出にくい本物の髪の毛を使う必要があるとのこと。

ヘアドネーション まとめ

日本でも浸透してきた髪の毛の寄付「ヘアドネーション」。

非常に素晴らしい活動です。

長い髪の方で、バッサリ切ろうと思っている方がいましたら、ヘアドネーションを考えてみてはいかがでしょうか?

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

\記事リクエスト募集中/


【お願い】
ワーカホリックダイアリーでは「社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を毎日23時50分に発信しております。

社会人の方はぜひブックマークしていただき明日もお越しいただけたら嬉しいです。

[ブックマーク手順]
iPhone Safariの方:
 下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Android Chromeの方:
 右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

パソコンの方:
 キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-生活術
-, ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2019 All Rights Reserved.