仕事術

『ご教示いただければ幸いです』「ご教示」の意味、読み方、使い方、例文を解説。「ご教授」との違いは?

2019年6月24日

ご教示、ご教授の違いが分からない

「ご教示」「ご教授」という教えを請う時の言葉、会社で良く使うのですが違いが良く分かってませんでした。

今回はそれぞれの違い、使い方についてまとめたいと思います。

「ご教示」について

「ご教示」について解説していきます。

「ご教示」の読み方

ごきょうじ」と読みます。

「ご教示」の意味

教え示す」という意味になります。

特に手順、方法、やり方などを教えて欲しい時に使います。

「ご教示」の使い方、例文

・データの集計方法をご教示いただけないでしょうか?
・トレーニングの改善ポイントをご教示いただければ幸いです。
・お手すきの時にご教示いだけると助かります。

「ご教授」について

「ご教授」について解説していきます。

「ご教授」の読み方

ごきょうじゅ」と読みます。

「ご教授」の意味

教え授ける」という意味になります。

特に専門的な知識、技能を教えて欲しい時に使います。
ポイントは一時的に教えて貰うのではなく、継続的に教えを受ける時に使用します。

「ご教授」の使い方、例文

・業界の動向についてご教授いただきたく存じます。
・先生にご教授いただいたおかげ受賞することができました。


 

今回はときどき違いが分からなくなる「ご教示」「ご教授」の違いについてまとめました。

皆さんの参考になれたら幸いです。

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

\記事リクエスト募集中/


【お願い】
ワーカホリックダイアリーでは「社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を毎日23時50分に発信しております。

社会人の方はぜひブックマークしていただき明日もお越しいただけたら嬉しいです。

[ブックマーク手順]
iPhone Safariの方:
 下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Android Chromeの方:
 右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

パソコンの方:
 キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-仕事術
-

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2019 All Rights Reserved.