仕事術

【ビジネスメール】漢字・ひらがなの使い分け方法。下さい?ください?宜しく?よろしく?どっち使う?

こんな方におすすめ

  • メールで「下さい」や「宜しく」を平仮名で書くか迷った方
  • 漢字・ひらがなの使い分け方法を知りたい方

ビジネス上のメールや議事録などで「漢字表記に違和感を感じた」ことありませんか。

たとえば次の文章。

先日は色々有難う御座いました。

今後とも宜しくお願い致します。

漢字自体は間違っていないのですが、全体的に堅苦しく読みづらいですね。

こちらは漢字の多さに起因しており、適度に平仮名に戻すことで読みやすくなります。

先日はいろいろありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

ストレスなく読めたと思います。

今回は「ビジネスメールにおける漢字・ひらがなの使い分け方法」についてまとめたいと思います。

ビジネスメールにおける漢字・ひらがなの使い分け方法

特に使い分け方法や特別なルールはありません。

読みやすさ、字面の印象といった感覚的なものでしかないのですが「ひらがな」を使った方が良い漢字をいくつかピックアップしてみます。

あえて「ひらがな」を使いたい漢字一覧

・ください(× 下さい)
・まず(× 先ず)
・いただく(× 頂く)
・あえて(× 敢えて)
・いたします(× 致します)
・やさしい(× 易しい)
・など(× 等)
・なお(× 尚)
・ついに(× 遂に)
・あとで(× 後で)
・ため(× 為)
・たび(× 度)
・たとえば(× 例えば)
・だいぶ(× 大分)
・ただし(× 但し)
・うまく(× 上手く)
・ぜひ(× 是非)
・すなわち(× 即ち)
・すべて(× 全て)
・しばらく(× 暫く)
・さまざま(× 様々)
・いろいろ(× 色々)
・さらに(× 更に)
・ごと(× 毎)
・および(× 及び)
・おそらく(× 恐らく)
・まだ(× 未だ)

上記のワード以外にも、読みやすさに応じて平仮名・漢字を使い分けて貰えたら良いと思います。

もちろん、キャラクターやブランディングのためにあえて漢字を使うのもありです。

さいごに

今回は「ビジネスメールにおける漢字・ひらがなの使い分け方法」を解説しました。

誰かのお役に立てたら幸いです。

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を発信してます。ブックマークしてまたお越しいただけたら嬉しいです

[ブックマーク手順]
iPhoneの方:
下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

PCの方:
キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-仕事術
-,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.