仕事術

GOOGLETRANSLATE関数の使い方|スプレッドシートで英語、中国語、韓国語にまとめて翻訳

こんな方におすすめ

  • 仕事で沢山の日本語から英語、中国語などにまとめて翻訳したい方
  • GOOGLETRANSLATE関数の使い方が知りたい方

「沢山の日本語を英語、中国語、韓国語にまとめて翻訳したい」

そんな時はGoogleスプレッドシートGOOGLETRANSLATE関数がおすすめです。

今回は「GOOGLETRANSLATE関数の使い方」について解説したいと思います。

Googleスプレッドシート GOOGLETRANSLATE関数の使い方

Googleスプレッドシートには指定の言語に変更してくれる「GOOGLETRANSLATE関数」が用意されています。

スプレッドシートのセルに次のルールで記述するだけです。

=GOOGLETRANSLATE(①セルもしくは"テキスト","②翻訳 元の言語", "③翻訳 先の言語")

①翻訳したいテキスト

D2といったセル指定、もしくは「"猫"」といった直接指定が可能。直接入力は"(ダブルクォーテーション)で囲う。

②翻訳 元の言語

①のテキストの言語コード(後述)を記載。言語コードを"(ダブルクォーテーション)で囲う。日本語の場合は「"ja"」。さらに自動言語判別「"auto"」も利用可。

③翻訳 先の言語

翻訳したい言語の言語コード(後述)を記載。言語コードを"(ダブルクォーテーション)で囲う。英語の場合は「"en"」。

GOOGLETRANSLATE関数に使える主な言語コードをまとめておきます。

言語コード|GOOGLETRANSLATE関数

言語言語コード
日本語ja
英語en
中国語zh
韓国語ko
アラビア語ar
ロシア語ru
スペイン語es
ドイツ語de
ヒンドゥー語hi
フランス語fr

さまざまな言語に対応しているので最新の対応状況はGoogleの公式サイトをご覧ください。

出典:Google公式サイト 言語コード

GOOGLETRANSLATEの使用例

使用例A:「D2セルの日本語を英語に翻訳」

=GOOGLETRANSLATE(D2, "ja", "en")

使用例B:「ネコという言葉を中国語に翻訳」

=GOOGLETRANSLATE("ネコ", "auto", "zh")

実際にスプレッドシートGOOGLETRANSLATE関数を使ってみた

実際にGOOGLETRANSLATE関数を使って日本語を様々な言語に変換してみました。

日本語を他の言語に一瞬にまとめて翻訳することができます。

さいごに

今回はGOOGLETRANSLATE関数について解説しました。

誰かのお役に立てたら幸いです。

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

あわせて読みたい

エクセルで月ごとの集計する関数|スプレッドシートでも利用可、月次売上、月次入会数

こんな方におすすめ 日別で記載されている表を月別で集計したい方 月ごとに集計する関数を知りたい方 日別である件数や売上金額を記載したエクセル表があった場合、月別で集計するためにどのような関数を使えばよ ...

続きを見る

---- 当サイトのPRをさせてください ----

当サイトは「社会人に役立つ仕事術、生活術、スキルアップ術」を発信しております。また来ていただけたらたいへん嬉しいです。

ぜひブックマークをお願いします。

iPhoneの方:
ブラウザ下部の[↑]ボタン > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
ブラウザ右上の [︙]ボタン > [ホーム画面に追加(アプリをインストール)] もしくは[☆タップ]

PCの方:
ブラウザ 右上の[☆]ボタン、もしくはキーボード[Ctrl]+[D]

またのお越しをお待ちしております。

\面白かったらシェアお願いします/
記事タイトルとURLをコピー

-仕事術
-,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2022 All Rights Reserved.