仕事術

「事前告知」のタイミングについて。適切に告知すれば不満を抑えたり、承認されやすくなる。

2019年1月14日

事前告知

ゲームやサイト、銀行などシステムのサーバーメンテナンスにより一時的にサービスが利用できなくなる時ありますよね。

直前ではなく十分事前に「サーバーメンテナンスによりサービスが利用できない旨」をユーザーに伝えておけば、ユーザーからのクレームをほとんど抑えることができます。

実体験に基づく感覚的な数字になりますが、

「納得できる理由の説明」と「適切なタイミングの告知」により、ユーザークレームは95%程度は抑えられるとおもいます。

告知のタイミング

種類によって事前告知のタイミングが異なります

種類ごとのタイミングについてまとめます。

定期的なサービスメンテナンス

2週間ほど前に、開始時間と終了時間と利用できなくなる機能などを告知

不定期なサービス停止

4週間ほど前に、開始時間と終了時間と利用できなくなる機能などを告知

サービスのUIUXが大幅に変わる場合

1ヶ月ほど前に、変更時期と画面フローなどを説明

サービスの一部機能が終了する場合

3ヶ月ほど前に、終了時期と終了する機能などを告知

サービス終了する場合

半年以上前に、終了時期を告知

 


 

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

\記事リクエスト募集中/


【お願い】
ワーカホリックダイアリーでは「社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を毎日23時50分に発信しております。

社会人の方はぜひブックマークしていただき明日もお越しいただけたら嬉しいです。

[ブックマーク手順]
iPhone Safariの方:
 下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Android Chromeの方:
 右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

パソコンの方:
 キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-仕事術
-, ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.