仕事術

【具体例】商談前のアイスブレイクの仕方。実例をご紹介。

固まっている空間をトークで溶かそう

初対面同士や、まだ関係ができていないモノ同士はどうしても緊張してスムーズに会話ができません。

いくつかの事例、パターンを交えて説明していきます。

アイスブレイクネタ

実際のビジネスシーンで使えるようなネタを用意しました。

天気

天気、天候、気温について聞く。

「雨がどのくらい降ってましたか?」

「最近暑いですね。」

万人に共通する話題なのでまず使えます。

そこまで盛り上がりませんが。

時事ネタ

最近起こった業界のニュースについて聞く。

「A社が〇〇プランを打ち出してきましたね」

業界の共通の話題を振れば、盛り上がる事間違いなし

季節イベント

季節のイベントについて聞く。

「もうすぐGWですね、どこか行きますか?」

「〇〇祭りというのが近くであるらしいですよ。」

相手の会社について

出向いた際に相手の会社について褒めるとよいアイスブレイクになります。

「良い立地ですね、うらやましいです」

相手の様子について

多少関係がないと逆に失礼になる場合もあるので気をつけて使いましょう。

「焼けましたねぇ、週末どちらに行かれました?」

「髪切りました?」

「かっこいいスーツですね、どこのブランドですか?」

出身地、出身大学について

なんだかんだで盛り上がる「出身地」「出身大学」

同じ関西出身だったり、大学のOBなどが分かると一気に関係が深まります。

「どちらの出身ですか?」

「〇〇大学の〇〇研究室なんですね、△△教授は元気ですか??」


 

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を発信してます。ブックマークしてまたお越しいただけたら嬉しいです

[ブックマーク手順]
iPhoneの方:
下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

PCの方:
キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-仕事術
-, ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.