雑学

光化学スモッグとは何か。英語では何という?症状は?注意報の詳細は?

2019年5月27日

光化学スモッグって何だっけ?

光化学スモッグってご存知でしょうか。

地域、年代によっては聞いたことがない人もいるかもしれません。

私は地域がら「光化学スモッグ」が発生しやすく、地域の注意報で良く流れていました。

今回はこの光化学スモッグについて改めて調査してみたいと思います。

そもそも光化学スモッグとは

自動車の排出ガスや工場の煙やススに含まれる「炭化水素」や「窒素酸化物」が太陽からの強い紫外線を受けてオゾン等の『光化学オキシダント』と呼ばれる物質が発生すると、空が白くモヤがかかったような状態になるなります。

この事象を『光化学スモッグ』と呼びます。

光化学スモッグは英語で何という

photochemical smog

※ちなみにsmogとは、smoke(煙)と fog(霧)を合成した言葉。

光化学スモッグが発生しやすい時期

日差しが強い4月から9月までの時期。

特に気温が高く、さらに風が弱い日に発生しやすい。

光化学スモッグの症状

目がチカチカしたり、喉が痛い、息苦しくなど、個人差はあるが人の健康への影響がでます。

光化学スモッグの症状が出たときの対処法

・目がチカチカしたり痛い時→洗眼

・喉の痛い時→うがい

・呼吸困難・けいれんがある時→医師の診察

光化学スモッグの注意報の発令区分と発令基準

発令区分 発令規準
予報(当日) 光化学オキシダント濃度が0.12ppm以上となることが予想されるとき
注意報 光化学オキシダント濃度が0.12ppm以上となったとき
警報 光化学オキシダント濃度が0.20ppm以上となることが予想されるとき
重大緊急報 光化学オキシダント濃度が0.40ppm以上となることが予想されるとき

 

光化学スモッグ注意報が出たときは

光化学スモッグ注意報の発令時は

出来る限り自動車、自転車、バイクの運転屋外での激しい運動を控えましょう。


 

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

\記事リクエスト募集中/


【お願い】
ワーカホリックダイアリーでは「社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を毎日23時50分に発信しております。

社会人の方はぜひブックマークしていただき明日もお越しいただけたら嬉しいです。

[ブックマーク手順]
iPhone Safariの方:
 下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Android Chromeの方:
 右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

パソコンの方:
 キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-雑学
-, , ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2019 All Rights Reserved.