雑学

門松の竹を斜めに切る理由。竹の切り方の由来を調査。

門松の切り口が気になる

お正月に町中の門松を見ていると竹の切り口が、斜めに切られている場合と平らに真横に切られている場合があることに気付きました。

なぜなのか理由が分からなかったので調べてみることにしました。

そもそも門松って何?

門松はお正月に家の前に設置される正月飾りの一種です。

別名、松飾り、飾り松、立て松とも言う。

諸説ありますが、木の梢(木の枝の先)には、神が宿ると考えられていたことから、年神を家に迎え入れるための依り代(よりしろ)として門松が立てられていたそうです。

日本の門松の由来、起源。

古来中国で正月に「松の枝を門に飾る風習」がありそれが平安時代に伝わったそうです。

松は生命力、不老長寿、繁栄の象徴とされる樹木のため、依り代として使用されやすいです。

名前は門松なのに、不思議なもので日本の門松はが中心。

当初は松のみを飾っていたそうですが、鎌倉時代以降に竹も一緒に飾るようになったそうです。

門松の竹の切り口、形状の意味

竹の切り口、先端形状は2種類あります。

・平らに真横に切った「寸胴

・斜めに切った「そぎ

 

もともとの竹の切り口は「寸胴」でだったそうですが、徳川家康の生涯唯一の敗北である「三方ヶ原の戦い」のあと、次は勝つぞと念を込めて門松の竹を斜めに切って槍の形状にしたのが「そぎ」の始まりとされます。

 


 

今回は「門松の竹の切り口」について調査しました。

誰かのお役に立てたら嬉しいです。

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

 

社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を発信してます。ブックマークしてまたお越しいただけたら嬉しいです

[ブックマーク手順]
iPhoneの方:
下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

PCの方:
キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-雑学
-,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.