ブログ

「Googleアナリティクスの行動フロー」からニーズと問題点を見つけよう

2018年7月27日

Googleアナリティクスを使おう

Googleアナリティクスを使えば、サイトに求められている情報、問題個所が見えてくる

どの記事が人気なの?

自分のサイトの一番の人気記事はどれかすぐわかりますか?

はてなブログさんやアメブロさんには解析ツールが備わっているので、人気記事を簡単に調べることができます。

当サイトにはWordPressで作成しているため、そのような便利ツールがないので、WordPressユーザーは自ら解析しないといけません。

そこで、無料で簡単にセットできるGoogleアナリティクスを利用するのをお勧めします。

以下の手順でGoogleアナリティクスを設定するとサイトの解析が可能になります。

アナリティクス設定手順

①Googleアナリティクスのアカウントを取得し、プロパティIDを作成。
②プラグイン「All in One SEO Pack」をインストール。
③「All in One SEO Pack」>一般設定>Google設定>GoogleアナリティクスIDのところに①のプロパティIDを記載。

ユーザーの動きを掴む

当サイトは毎日投稿しているおかげか、2カ月ほどで少しずつ自然に人が入ってきました。

※競合が多いジャンルの場合は、もう少し時間がかかるかもしれません。

Googleアナリティクスの「行動フロー」を見るとそのユーザーたちの動きが手に取るように分かります。

早速当サイトのユーザーたちの「行動フロー」をみてみましょう。

最初に、見ておきたいのが「ユーザーが最初に訪れたページ」です。

当サイトですとトップページ(/)が50%くらいで、残りは個別記事からとなります。
個別記事に直接訪れるのは、私のツイート経由と、検索サイトの結果からの2パターンになります。

正直、検索サイトからの流入はまだまだ少なく、ツイート経由が大半になります。

また、流入の多いのは「お金関連」の記事であることがわかりました。

次に、見ておきたいのが「ユーザーが離脱しているページ」です。

上記図ですと、赤い水が漏れ出ている表現になっている部分が、ユーザーが離脱しているページになります。

さらに分析すると以下が見えてきます。

トップページに訪れた30%が、どこにも遷移せずに離脱している

個別記事に直接来たユーザーのほぼ100%が、どこにも遷移せずに離脱している

回遊することなく、記事を一つ見たら離れていっているのが分かります。

非常にもったいないです。

まずは、ユーザーが他記事にも興味を示してもらい回遊するように改善していきたいと思います。

まとめ

サイトのニーズ、問題点は

Googleアナリティクスを見るとユーザーが見えてくる。ビジュアル化されて、簡単にサイトの分析ができるので、初心者には特におすすめです。

何かの参考になれたら幸いです。

\記事リクエスト募集中/


【お願い】
ワーカホリックダイアリーでは「社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を毎日23時50分に発信しております。

社会人の方はぜひブックマークしていただき明日もお越しいただけたら嬉しいです。

[ブックマーク手順]
iPhone Safariの方:
 下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Android Chromeの方:
 右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

パソコンの方:
 キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-ブログ
-, , ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2019 All Rights Reserved.