ブログ

ads.txtの設置方法。アドセンスで警告が出た場合の対処方法

アドセンスで警告

ある日、アドセンスページの上部に下記のような警告が表示されました。

要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

何やら良くないアラートのようです。

今回はこちらのアラートへの対応方法を記事にしたいと思います。

ads.txt による認定デジタル販売者の宣言

手順通りにads.txtファイルを作成、設置し、認定デジタル販売者の宣言をしましょう。

対応することで、自サイトの広告枠を厳密に管理することができます。

偽の広告枠など提供されることを防ぐことができます。

AdSense向けのads.txtを作成し設置する

適切な認定販売者として宣言する場合、次のように ads.txt を作成します。

  1. テキスト ファイル(.txt)を作成
  2. ファイルに「google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0」と記載する。※1
  3. 作成した ads.txt を、ドメインのルートに配置する。
  4. 疎通を確認する。例: https://workaholicdiary.com/ads.txt

※1 :「pub-0000000000000000」の部分は自身のサイト運営者 ID に置き換える。

サイト運営者 IDを調べる方法

AdSenseのページにログインして、アカウント情報からサイト運用者IDを取得する。

 

以上で、ads.txtの設置はこれで完了。

時間が経つとAdSenseのページから警告メッセージが消えます。

 


 

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

---- 当サイトのPRをさせてください ----

当サイトは「社会人に役立つ仕事術、生活術、スキルアップ術」を発信しております。また来ていただけたらたいへん嬉しいです。

ぜひブックマークをお願いします。

iPhoneの方:
ブラウザ下部の[↑]ボタン > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
ブラウザ右上の [︙]ボタン > [ホーム画面に追加(アプリをインストール)] もしくは[☆タップ]

PCの方:
ブラウザ 右上の[☆]ボタン、もしくはキーボード[Ctrl]+[D]

またのお越しをお待ちしております。

\面白かったらシェアお願いします/

-ブログ
-,