分析

【回線速度 実測】3G、4Gの理論速度と実効速度を比較。5Gはどうなる?(ドコモの場合)

2020年4月19日

新しい通信システム「5G」が騒がれていますがインフラが整うのが未来の話なのでまだまだ「4G」は現役選手。

3Gと4Gの理論速度と実効速度(一般的な実際の通信速度のこと)はどのくらいなのでしょうか。

実際に私の自宅から3Gと4Gの速度を測定し「理論速度と実効速度」を比較し、さらに今後の5Gについて考えてみたいと思います。

3G、4Gの理論速度と実効速度を比較。そして5Gの実効速度を予想

所有のdocomo端末の通信回線を3G、4Gと切り替え、実際の通信速度を測定してみました。

3Gの理論速度と実効速度の比較(ドコモ回線)

ドコモの3Gは現在FOMAハイスピードと呼ばれる通信システム。

こちらの理論速度は最大で「14Mbps」(出典:docomo FOMAハイスピード)。

実効速度の平均は「7.7Mbps」(試行回数は3回実測)

およそ半分の実力でした。

 

4Gの理論速度と実効速度の比較(ドコモ回線)

ドコモの4Gは現在PREMIUM 4Gと呼ばれる通信システム。

こちらの理論速度は「1.7Gbps」(出典:docomo PREMIUM 4G)。

実効速度の平均は「177Mbps」(試行回数は3回実測)。

実力の10分の1と残念な結果になりました。

5Gの理論速度と実効速度を予想してみる

ドコモの5GPREMIUM 4Gをさらに進化させ、低遅延、多数接続の特長を持つ通信システムとなっています。

docomoの5Gの理論速度は「20Gbps」を目指しているそうです(出典:docomo 5Gの必要条件)。

4Gの結果を踏まえると予想される実効速度は「1Gbps~2Gbps」程度でしょうか。

例え10分の1だったとしても、2Gbpsの世界は非常に楽しみです。

さいごに

今回は「3G、4Gの理論速度と実効速度」を比較し、さらに「5Gの実効速度を予想」してみました。

誰かのお役に立てたら幸いです。

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

\記事リクエスト募集中/


【お願い】
ワーカホリックダイアリーでは「社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を毎日23時50分に発信しております。

社会人の方はぜひブックマークしていただき明日もお越しいただけたら嬉しいです。

[ブックマーク手順]
iPhone Safariの方:
 下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Android Chromeの方:
 右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

パソコンの方:
 キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-分析
-,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.