仕事術

「見積書、納品書、請求書、領収書」の違いを説明。

こんな方におすすめ

  • 新社会人でビジネスの代表的な書類について知りたい方
  • 見積書、納品書、請求書、領収書の違いを知りたい方
  • 見積書、納品書、請求書、領収書の処理順を知りたい方

様々の書類

社会人になりたてのころ、見積書、納品書、請求書、明細書、領収書など、さまざまな書類の名前が出てきて混乱しますよね。

カンタンにまとめたいと思います。

見積書

指定した商品やサービスを手に入れるために、いくら必要なのかを示した書類

必須項目

  • 宛名
  • 発行日
  • 見積内容、数量
  • 単価、合計金額
  • 納期
  • 見積書の有効期限
  • 見積者の会社詳細、会社印鑑

 

納品書

商品などが納品された際に発行する書類。

納品漏れなどないかのチェックのために提出する。

必須項目

  • 宛名
  • 発行日
  • 納品内容、数量
  • 単価、合計金額
  • 納品者の会社詳細、会社印鑑

請求書

商品やサービスの代金の支払いを求める書類。また詳細を記載した請求書を明細書と呼ぶ。

必須項目

  • 宛名
  • 発行日
  • 商品内容、数量
  • 単価、合計請求金額
  • 振込先
  • 支払い期限
  • 請求者の会社詳細、会社印鑑

領収書

代金を受け取った事を証明する書類

必須項目

  • 宛名
  • 発行日
  • 支払金額
  • 但し書き
  • 請求者の会社詳細、会社印鑑

処理の順番

以下のようなフローで書類が発行され処理されます。

見積書→納品書→請求書(≒明細書)→領収書

以上となります。

何かの参考になれたら幸いです。

社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を発信してます。ブックマークしてまたお越しいただけたら嬉しいです

[ブックマーク手順]
iPhoneの方:
下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

PCの方:
キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-仕事術
-, , , ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.