スキルアップ

ルールを自分で決めてないか

2018年10月26日

ルールの本質を見極め、どうすれば最大の効果が得られるの思考し続けよう。

ボール回し

会社で10人一組で「順番にボールを回すゲーム」を行いました。
非常に気づきの多いゲームだったので、まとめてみたいと思います。

ルール

まず、ルールとして以下の説明がありました。
1.両手を広げてぶつからない程度に離れて立つ
2.手の平だいのボールを両脇の人以外のメンバーに渡す
3.次の人も両脇以外、かつまだ触ってないメンバーに渡す
4.それを繰り返し、最後に一番最初の人に返す

まず、やってみるとと10秒くらいかかりました。
さらに半分の時間でやってみてくださいとファシリテーターから指示がある。
なんとか5秒くらいまでできるが、さらに半分の時間でやってくださいと指示があり、
全員無理だろうという反応。

改めて現在提示されているルールを良く見てみると
離れて立つなど、その部分のルールが提示されていないことに気づく。

メンバーとの距離を近づけ、タイムの短縮に成功。

さらに時間をみじかくしろとの指示。

みんなでアイデアを出し合う、突拍子もないアイデアであったり、グッドなアイデアがたくさん出てくる。
イノベーションが起こることを体験。

最終的には1秒台で渡し終わることができた。

ゲーム当初は1秒台でできるなんて想像もできていなかったが、途中から仲間と協力し、
知恵を絞ることで、不可能を可能にできた。

このルールに縛られたり、やる前からあきらめたりすることは、
仕事においても、良く起きていることだと思う。

勝手に、こういうルールだから、先入観などで判断し、自ら追い込まれてしまうことがある。
視点を変えたり、他人から意見をもらうことで、その状況から脱することができる。

このゲームでの気づきは非常に多く、楽しかったです。

ぜひ、プロジェクトメンバーなどでやってみてはいかがでしょうか。

引き続き、ワーカホリックダイアリーを宜しくお願いいたします。

\記事リクエスト募集中/


【お願い】
ワーカホリックダイアリーでは「社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を毎日23時50分に発信しております。

社会人の方はぜひブックマークしていただき明日もお越しいただけたら嬉しいです。

[ブックマーク手順]
iPhone Safariの方:
 下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Android Chromeの方:
 右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

パソコンの方:
 キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-スキルアップ
-,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2019 All Rights Reserved.