分析

アプリのアクティブ率とは、計算方法をご紹介

こんな方におすすめ

  • アプリの分析担当の方。
  • アクティブ率の概要を知りたい方。
  • アクティブ率の計算方法を知りたい方。

機能、サービスは利用されているのか?

アプリ解析、分析担当者なら「アクティブ率」という言葉を一度は耳にしているのではないでしょうか。

アクティブ率について、計算方法と共に解説していきたいと思います。

アクティブ率とは

意味

全体ユーザのうち、対象期間内に一度でも起動しているアクティブなユーザの割合

解説

主にアプリが適切に利用されているか計測するために使われます。

アプリの評価などは、ダウンロード数や会員登録で判断されがちです。

ダウンロードしたユーザ、会員登録したユーザが100%使ってくれているなら、何の問題もないのですが、現実はそうではありません。

例えば、1000円割り引くからアプリをダウンロードしてもらうなど、本質的ではない訴求をおこなったとします。

1000人ダウンロードしたが、実際アプリを利用しているのは、5人しかいない、といった事態になる場合があります。

単純にダウンロードだけで、訴求の成功を判断していたら、問題点の検知をすることさえできません。

アクティブ率を知る

ダウンロードしたユーザのうち、アプリを利用しているユーザの割合を知ることができればと、正当な評価が可能です。

公式は以下のようになります。

公式

アクティブ率[%]=アクティブユーザ数÷全ダウンロード数×100

※アクティブユーザ数とは、対象期間内に一度でもアプリを利用した人数。

対象とする期間に応じて名前が変わります。日:DAU、週:WAU、月:MAU。

今までにダウンロード人数が1000人のうち、昨日1日で使ってくれたユーザの数は350人とした場合の「デイリー アクティブ率」は

35[%]=350人÷1000×100

となります。

別の数字を分母にする

ダウンロード数を利用すると、アンインストール数など考慮していかないと、時間が立つにつれて現実とズレが大きくなる懸念があります。

そこで、日のアクティブ率を測る際に月のアクティブユーザ数を分母にして評価することで、アンインストール数などの外乱に左右されずに定量的な評価が可能になります。

公式(日のアクティブ率に限る)

アクティブ率[%]=DAU÷MAU×100

まとめ

アプリ改善で重要なアクティブ率。

こちらはAndroidアプリならGoogleアナリティクス(アクティブ数取得のため)、デベロッパーコンソール(ダウンロード数取得のため)、iPhoneアプリなら、Googleアナリティクス(アクティブ数取得のため)、AppStoreConnect(ダウンロード数取得のため)
といったツールで簡単に見れます。

アプリがきちんと利用されているか解析、改善したいと思っている人はご利用してみてはいかがでしょうか。

何かの参考になれたら幸いです。

社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を発信してます。ブックマークしてまたお越しいただけたら嬉しいです

[ブックマーク手順]
iPhoneの方:
下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

PCの方:
キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-分析
-, ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.