仕事術

交渉は釣り同じ

交渉のポイント

完全に餌に食い付くまでは竿を上げてはいけない。

釣りと同じ

交渉は釣りと似ているなと常々思います。
釣りをやったことある方なら何となく伝わるかもしれませんが、具体的に設定していきたいと思います。

何が好物なのか

何を釣りたいのか。

そこから計画が始まります。

そのターゲットにあった場所を検討し、つり竿などを選びます。

この辺りは、事前に交渉相手の情報を調べておく行為に似てます。

また、餌、大好物は「相手の困り事の解決方法」になります。

タイを釣ろうとしているのに、エビを使わずにメロンを使ってないでしょうか。
※メロンでも釣れたら、すみません。。

しっかり、相手の大好物を知って準備しておきましょう。

大好物とまではいかなくても、好物な情報、話題などは撒き餌として用意しておくのも良いですね。

表情はウキ

釣り上げるタイミングは非常に大切。

ターゲットが餌に食いついていない状態で、竿を上げても相手が驚いて逃げていくだけ。

相手の表情を読み取り、食い付き具合を測りましょう。

適切なリアクションがあったり、明るく楽しそうな表情でしたら、少しずつ竿を上げて、交渉まとめに入ってよいと思います。

まとめ

交渉は釣りと同じ。
情報という名の釣り竿で、解決策という名の餌を準備しよう。
表情から、食い付き具合を測り、適切なタイミングで竿を上げよう。

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を発信してます。ブックマークしてまたお越しいただけたら嬉しいです

[ブックマーク手順]
iPhoneの方:
下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

PCの方:
キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-仕事術
-,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.