WordPress

【図解】BackWPupのバックアップファイルからサイトを無料で復元する方法。

2020年3月18日

WordPressのBackWPupでサイトはバックアップしたけど、復元どうやってやるのか?

無料で簡単にできるの?

※バックアップする方法は下記記事をご参照ください。

【図解】無料でカンタンにWordPressサイトを自動バックアップする方法(プラグインBackWPup使用)

WordPressでブログなどの個人サイトを運営している方は必ず定期的にバックアップを実施した方が良いです。 バックアップが大切だと分かってはいるけど、ついつい忘れてしまいますよね。 私もそうでした。 ...

続きを見る

今回は「BackWPupのバックアップファイルから無料で復元する方法」を解説したいと思います。

そもそもBackWPupで復元できるの?

BackWPupの復元は有料版を購入しないとできません。

BackWPup バックアップの復元
バックアップアーカイブひとつでインストールを復元できます。BackWPup Pro に統合された復元機能を使えば WordPress バックエンドから直接ウェブサイトを復元できます。Pro バージョンには独立した復元アプリがあり、サイトが完全に壊れてしまったときの復元に使えます。

Standard版 $69

少々お高めなので、私は無料で復元する方法を調査しました。

BackWPupのバックアップファイルから無料で復元する方法

少し技術的な話になりますが、手順を記載していきます。

step
2
バックアップファイルをダウンロード

ダウンロードの仕方はいくつかあります。

ダッシュボードにアクセスできる場合は、「BackWPup>バックアップ」から復元したい日時のファイルをダウンロードしてください。

ダッシュボードにアクセスできない場合は、FFFTPなどFTPクライアントソフトを使用しバックアップフォルダの中から復元したい日時のファイルをダウンロードしてください。

step
2
圧縮ファイルを解凍

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍します。

step
3
圧縮ファイルを解凍

FTPクライアントソフトを使って「public_html」配下にSQLファイル以外のファイル上書きアップデートします。

※明らかに破損したファイルが分かっている場合、破損ファイルだけ正常なバックアップファイルと入れ替えるのもありかと思います。

step
4
サーバーのphpMyaAdminにログイン

それぞれのサーバーにはphpMyAdminというDB管理インタフェースが用意されています。

サーバーの管理画面からphpMyAdminにログインしてください。

※私が使用しているXサーバーを例にしてます。

step
5
インポートから復元を実行

インポートタブを選択し、バックアップしたSQLファイルをアップロードしてください。

その他の設定は基本的にデフォルトで良いかと思います。

最後にサイトが正常に表示されているか確認して復元作業は完了です。

さいごに

今回は「BackWPupのバックアップファイルから無料で復元する方法」を解説しました。

誰かのお役に立てたら幸いです。

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

\記事リクエスト募集中/


【お願い】
ワーカホリックダイアリーでは「社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を毎日23時50分に発信しております。

社会人の方はぜひブックマークしていただき明日もお越しいただけたら嬉しいです。

[ブックマーク手順]
iPhone Safariの方:
 下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Android Chromeの方:
 右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

パソコンの方:
 キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-WordPress
-,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.