スキルアップ

話す時の目線。相手のどこを見ると良いか。

会話の時どこを見ますか?

人と会話をするときに皆さんはどこを見ますか

私はコミュニケーション能力がそこまで高くなく、人の目をしっかり見て話すが得意ではありません

逆にしっかり目を見て話す方も、少しだけ苦手だったりします。

とはいえ、仕事の場では、そのような言い訳は通じません。

社会人を15年やってきて、目線のコツを掴んだのでまとめたいと思います。

目線は「口元」が良い

冒頭にも書きましたが「目と目を合わせ続ける」ことは相手に少なからずプレッシャーを与えることになります。

顔はこっちを向いているかつ、少し目元からずれた位置に目線を合わせるのが良いです。

「おでこ」はおすすめしない

人は思っているより目線に敏感です

例えばおでこ見ていた場合、すぐに「おでこを見ている」と気づきます。

おでこ、髪の毛の生え際あたりの目線は、正直、あまり気持ちの良いものではありません。

自分自身がその目線を受けてみると分かりますが、相手は次のように感じます。

・寝ぐせ付いている?
・髪の毛にゴミついている?
・白髪?
・生え際薄くなった?

というように、気になって会話に集中できなくなってしまいます。

目元より上に、目線を合わせるのはやめましょう

王道は「口」から「首」

よく言われるのが、「口」から「首」あたりがべストと言われてます。

私も実践して思ったのは「口元」が一番目線を合わせやすいと思いました。

そして、相手からの目線が「口元」あたりだった場合、プレッシャーは感じないし、かといって目線がずれている感じでもないので、お勧めです。

少し気を付けたいのが、相手が女性だった場合、「首」を見るのは避けた方が良いです。

女性は特に男性の目線に敏感です。

胸元を見ているなど、すぐに気づきます。

そういう意味でも、目線のホームポジションは「口元」が一番が良いと思います。

ちなみに、ずっと口元だとそれはそれで違和感があるので、ポイントポイントで目を見た方が、相手も興味深く会話をしてくれているなと感じて、さらに好印象になると思います。


 

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を発信してます。ブックマークしてまたお越しいただけたら嬉しいです

[ブックマーク手順]
iPhoneの方:
下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

PCの方:
キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-スキルアップ
-, , ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.