生活術

【五大漢方薬】杜仲茶の効果 効能、味、読み方、ルーツ、原材料は?ダイエット、血圧。

2019年7月29日

杜仲茶って何だろう

奥さんが杜仲茶が好きで良く作って飲んでます。

私は杜仲茶をほぼ知らずに今まで過ごしてきました。

杜仲茶は何から作られているのか?どこで生まれたのか?効果は?

杜仲茶について知らないので、今回は「杜仲茶」について調べてみることにしました。

杜仲茶とは

杜仲茶の基本機能を説明していきます。

杜仲茶の読み方

とちゅうちゃ

杜仲茶のルーツ、原材料

杜仲(とちゅう)」という中国原産の落葉高木の「葉っぱ

杜仲茶の作り方

乾燥させた「杜仲の葉っぱ」を煮出す

杜仲茶の味

プーアル茶ウーロン茶を足して2で割ったような味と言われることがあります。

独特の苦みがあるため少し苦手な方もいるかもしれません。

カフェインは入っていないため、妊婦や子供が飲んでもも問題ありません。

一度、気になる方は試してみると良い思います。

杜仲のは漢方薬としても有名

杜仲は五大漢方薬のうちの一つ。上級の漢方薬として注目。

中国では古来より、長寿の薬として飲まれてきたそうです。

五大漢方薬とは

冬虫夏草(とうちゅうかそう)
人参(にんじん)
鹿茸(ろくじょう)
芍薬(しゃくやく)
杜仲(とちゅう)

杜仲茶の効果

杜仲茶の効果をいくつか説明していきます。

高血圧予防、血圧降下、安眠効果

杜仲茶に含まれているゲニポシド酸には血管の筋肉の緊張を緩め、血管拡張を促し血圧を下げる効果があり、高血圧予防につながるとされています。
ゲニポシド酸は副交感神経を刺激するため、睡眠前に飲むことで安眠効果をもたらします。

冷え性、肩こりの改善

杜仲茶は副交感神経を刺激するため、血流を良くなります。
それによる疲れの解消や冷え性や肩こりの改善、冷えからくる腰痛や関節痛の改善にも効果的なことがわかっています。

便秘の改善

杜仲茶に多く含まれるマグネシウムは便を柔らかくする効果があり、スムーズな排便を促すことができるため、便秘の改善につながります

ダイエット効果

先に紹介したゲニポシド酸によって肝臓の代謝機能の向上や、脂肪やコレステロールの吸収の抑制されます。
そして杜仲茶によって分泌されたアディポネクチンによって、血糖値の急激な上昇が抑えられるとともに中性脂肪が燃焼されるため、ダイエット効果が期待されています。


今回、杜仲茶について調べてみて、すごい効果効能があることに驚きました。

こちらの記事が誰かのお役に立てたら幸いです。

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

\記事リクエスト募集中/


【お願い】
ワーカホリックダイアリーでは「社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を毎日23時50分に発信しております。

社会人の方はぜひブックマークしていただき明日もお越しいただけたら嬉しいです。

[ブックマーク手順]
iPhone Safariの方:
 下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Android Chromeの方:
 右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

パソコンの方:
 キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-生活術
-, , , ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2019 All Rights Reserved.