生活術

「モバイルバッテリー」のレンタルサービスが面白い

出先でスマホの充電が0%に

今やスマートフォンは、現代人の必需品となり

スマホ無しでは生活できないレベルまで来ていると思います。

そんな大切なスマホですが、出先で充電が少なくなると焦り、0%になってしまった日には、絶望です。

私はモバイルSuicaを使っているため、完全に充電がカラになってしまうと電車にも乗れません。(0%でも残電流で使える場合もあり)

怖すぎますね。

先日、ロケットニュース24を「モバイルバッテリーのレンタルサービス」について特集が組まれてました。

面白そうな仕組みだったので、記事にしたいと思います。

モバイルバッテリー貸し出しサービス「ChargeSPOT」

どこでも借りられて、どこでも返せるモバイルバッテリーという謳い文句で、サービスを展開している「ChargeSPOT(チャージスポット)」。

早速アプリをインストールしてみました。

評価を見る限りではなかなか期待できそう。

バッテリーを借りる

アプリを使ってみると

早速、モバイルバッテリーが借用できるスポット地図上で確認できました。

非常にわかりやすい。

 

色付のスポットをタップしてみると、設置店舗の場所、現在「借りられるバッテリーの数」「返却できるバッテリーの数」が表示されています。

こちらも分かりやすくまとめられてます。

 

実際に場所にいって、アプリの操作に従って、モバイルバッテリーを借りることができます。

このようにニュッとスロットから飛びだしてきます。

対応している充電端子は次の3つです。

Micro USB(Anroid)、USB Type C(Anroid)、ライトニングケーブル(iPhone)

 

この3つがあれば、ほぼすべてのスマホに対応できますね。
バッテリーの容量は5000mAh。十分ですね。

バッテリーを返す

面白いのが、返却は同じスポットでなくても良いという点。

地図上から近くの返せそうなスポットを見つけて、そこに返しにいくだけ。

利用料金は?

次のような料金設定になっているそうです。

最初の1時間:150円
1時間以降から48時間以内まで:追加150円
48時間以内に返却できなかった場合:2,280円

48時間後にはほぼ本体代を請求するつもりなのかもしれません。

ーー

出先で充電が切れそうになっている時、缶ジュース程度の価格で、サクッとモバイルバッテリーをレンタルできるサービスは、なかなか魅力的ですね。

皆さんも興味があるかたは、アプリをダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

 

以上、ワーカホリックダイアリーでした。

社会人に役立つ仕事術、ライフハック情報」を発信してます。ブックマークしてまたお越しいただけたら嬉しいです

[ブックマーク手順]
iPhoneの方:
下部の[↑](共有ボタン) > [ホーム画面に追加]もしくは[ブックマーク追加]

Androidの方:
右上の [︙](縦3点リーダー) > [ホーム画面に追加] もしくは[☆タップ]

PCの方:
キーボードの[Ctrl]+[D] もしくは 右上の[☆クリック]

\面白かったらシェアお願いします!/
記事タイトルとURLをコピー

-生活術
-, , ,

Copyright© ワーカホリックダイアリー , 2020 All Rights Reserved.